「2020年9月下旬の新刊(文庫)」をアップ

『信長の原理 上』|角川文庫

信長の原理 上2020年9月21日から9月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年9月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、垣根涼介さんの『信長の原理 上』『信長の原理 下』(角川文庫)を取り上げます。

『光秀の定理』にて、歴史時代小説に確率論を持ち込むという新発想で、若きの日の明智光秀を描き大きな話題を集めた著者が、今回取り組んだのが織田信長でした。

織田信長は、幼少時から孤独と、満たされぬ怒りを抱えていた。
家督を継ぎ、戦に明け暮れていた信長はある日、奇妙な法則に気づく。
どんなに鍛え上げた兵団でも、働きが鈍る者が必ず出る。その比率は、幼い頃に見た蟻と同じだ。人間も、蟻と同じなのか……と。
信長は周囲の愚かさに苛立ちながらも、軍事・経済の両面で戦国の常識を次々と打破。怒濤の血戦を制してゆく。
不変の“法則”と史実が融合した革新的エンタテインメント!

(『信長の原理 上 (角川文庫)』Amazonの内容紹介より)

史実を踏まえながらも、「働きアリの法則」とも呼ばれる「パレートの法則」を取り入れた新発想で、織田信長の深層心理と「本能寺の変」の真相に迫っていきます。

歴史の謎とダイナミズムが、数式を解くようにわかった時の快感がたまらない、エンターテインメント歴史小説です。

文庫●2020年9月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2020年9月下旬の新刊(21日→月末) 2020年9月21日から9月30日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...

■Amazon.co.jp
『信長の原理 上』(垣根涼介・角川文庫)
『信長の原理 下』(垣根涼介・角川文庫)
『光秀の定理』(垣根涼介・角川文庫)

垣根涼介|時代小説ガイド
垣根涼介|かきねりょうすけ|作家 1966年、長崎県生まれ。筑波大学卒業。 2000年、『午前三時のルースター』でサントリーミステリー大賞と読者賞をダブル受賞。 2004年、『ワイルド・ソウル』で、大藪春彦賞、吉川英治文学新人賞、日...