「2020年7月下旬の新刊(文庫)」をアップ

『魔王の黒幕 信長と光秀』|中公文庫

魔王の黒幕 信長と光秀2020年7月21日から7月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年7月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

弊サイト「時代小説SHOW」で紹介する機会が少なくて、心苦しく思って時代小説家の一人、早見俊(はやみしゅん)さんの『魔王の黒幕 信長と光秀』(中公文庫)を取り上げます。

天正10年6月、明智光秀は1万2000の軍勢を率いて丹波亀山城より出陣した。天下人・織田信長の命で、備中高松城を包囲する羽柴秀吉の後詰をするためだ。波瀾に満ちた我が人生と、亡き妻・煕子の献身に思いを馳せる光秀。思えば、信長に仕えてからの14年余――魔王の如き主の所業の陰には、常に自分がいた。「今は戦国乱世、闇に覆われた世だ。乱世の闇を掃うには、より巨大で濃い闇が求められる」。第六天魔王・信長の先達として駆け抜けた光秀の胸に、今、去来するものは……。
(Amazonの内容紹介より)

大河ドラマ「麒麟がくる」は放送一時休止していて、光秀を欲している今、光秀を描く歴史時代小説で不足を補いたいと思います。

信長との関係がどのように描かれ、なぜ本能寺の変を起こしたのか、気になる作品の登場です。

岐阜市出身の著者には、岐阜市〈信長公450プロジェクト〉とウェブサイト〈歴史行路〉のコラボから誕生した歴史時代小説『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』があります。

また、二見時代小説文庫からは、『独眼竜を継ぐ者 勘十郎まかり通る3』も刊行されます。

戦国の残り香が漂う、三代将軍家光の御世。萬相談所で糧を得る向坂勘十郎は、文弱と蔑まれる大名家から、海賊船を退治してほしいと依頼を受けます……。

こちらは、痛快時代小説シリーズの第3弾です。

文庫●2020年7月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2020年7月下旬の新刊(21日→月末) 2020年7月21日から7月31日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...

■Amazon.co.jp
『魔王の黒幕 信長と光秀』(早見俊・中公文庫)
『うつけ世に立つ 岐阜信長譜』(早見俊・徳間文庫)
『独眼竜を継ぐ者 勘十郎まかり通る3』(早見俊・二見時代小説文庫)

早見俊|時代小説ガイド
早見俊|はやみしゅん|時代小説・作家 1961年、岐阜県岐阜市生まれ。法政大学経営学部卒業。 2007年より文筆業に専念し、歴史・時代小説を中心に著作は百五十冊を超える。 2017年、「居眠り同心影御用」「佃島用心棒日誌」で、第6回...