最低亭主から別れて、人生を取り戻せ――江戸の離婚模様

わかれ縁西條奈加さんの長編時代小説、『わかれ縁(えにし)』を入手しました。

浮気と借金を繰り返す最低亭主から逃げた女房は、離縁できるのか?

江戸の離婚模様というと、田牧大和さんの『縁切寺お助け帖』など、幕府公認の縁切寺、鎌倉・東慶寺へ駆け込む女性たちを描いた時代小説が思い浮かびます。

結婚して五年、定職につかず浮気と借金を繰り返す夫に絶望した絵乃は、身ひとつで家を飛び出し、離縁の調停を得意とする公事宿「狸穴屋」に流れ着く。
夫との離縁を望むも依頼できるだけの金を持たない彼女は、女将の機転で狸穴屋の手代として働くことに。
果たして絵乃は一筋縄ではいかない依頼を解決しながら、念願の離縁を果たすことができるのか!?
(カバー帯の内容紹介より)

主人公の絵乃は、定職につかず浮気と借金を繰り返す夫・富次郎のせいで、三軒目の働き口から暇を言い渡されてしまいます。借金の形に、苦界に沈められてもおかしくない、ギリギリの縁にいました。

絶望の思いを抱いて、浅草御門へ帰る往来で、馬喰町二丁目の旅籠の手代、椋郎とぶつかってしまいます。

「五年ものあいだ、よく辛抱なさいやしたね。なかなかできるものじゃ、ありやせん」
「……え?」
「お絵乃さんは、十二分にご亭主に尽くしなすった。情の深い、できた女房でさ」
 安い同情だとわかっていても、他愛なく涙があふれた。物思いという泥水を、縁まで張った桶のようなものだ。小石ひとつで呆気なくあふれる。

(『わかれ縁』P.19より)

椋郎はぶつかって転んだ絵乃を介抱しながら、絵乃の身の上話を聞きました。そして、自身が離縁を得手する公事宿『狸穴屋』の手代であることを明かし、絵乃に亭主との離縁を勧めます。

しかしながら、そこには大きな問題が。
離縁には十両という大金がかかるとのこと。

絵乃は、最低の亭主から逃げて、離縁請負いの公事宿で働くことで、自分の人生を取り戻せるのか? 江戸の離婚事情がわかる、人情時代小説の始まりです。

装画:田中海帆
装丁:野中深雪

●目次
わかれ縁
二三四の諍い
双方離縁
錦蔦
思案橋
ふたたびの縁

■Amazon.co.jp
『わかれ縁』(西條奈加・文藝春秋)

『縁切寺お助け帖』(田牧大和・角川文庫)

西條奈加|時代小説ガイド
西條奈加|さいじょうなか|時代小説・作家 1964年、北海道生まれ。 2005年、『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞で大賞を受賞してデビュー。 2012年、『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞受賞。 2015年、...