本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!
スポンサーリンク

西條奈加|時代小説ガイド

[さ] 西條奈加|さいじょうなか|時代小説・作家

1964年、北海道生まれ。東京英語専門学校卒業。
2005年、『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノベル大賞で大賞を受賞してデビュー。
2012年、『涅槃の雪』で第18回中山義秀文学賞受賞。
2015年、『まるまるの毬』で第36回吉川英治文学新人賞受賞。
2021年、『心淋し川』で第164回直木賞受賞。

■時代小説SHOW 投稿記事

「2022年1月の新刊(単行本)」をアップ
『六つの村を越えて髭をなびかせる者』|西條奈加|PHP研究所 2022年1月1日から1月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2022年1月の新刊(単行本)」を掲載しました。 今月は、PHP研究...
「2021年4月の新刊(単行本)」をアップ
『曲亭の家』|西條奈加|角川春樹事務所 2021年4月1日から4月末日の間に、単行本(ソフトカバー含む)で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年4月の新刊(単行本)」を掲載しました。 今月は、角川春樹事務所から刊行される、西...
江戸の片隅で暮らす人々の日常と心情を描く、直木賞受賞作
『心淋し川』|西條奈加|集英社 西條奈加(さいじょうなか)さんの時代小説、『心淋し川(うちさびしがわ)』(集英社)を紹介します。 著者は、2005年『金春屋ゴメス』で第17回日本ファンタジーノべル大賞を受賞して、デビューしました。 ...
第164回直木賞、西條奈加さんの『心(うら)淋し川』に決定
第164回直木三十五賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が2021年1月20日(水)都内で開催され、候補作6作品の中から西條奈加さんの『心(うら)淋し川』が受賞作に決まりました。 おめでとうございます! 江戸時代を舞台にした、市...
第164回直木賞候補に、『心淋し川』など6作品が選ばれる
12月18日(金)、第164回直木三十五賞(公益財団法人日本文学振興会主催)の候補作品6作品が発表されました。 ジャニーズの人気グループNEWSの加藤シゲアキさんが『オルタネート』でノミネートされて、大きなニュースとなっていますが、時...
手習所に集う子供たちと成長していく、女師匠・萌の奮闘物語
『銀杏手ならい』 西條奈加さんの長編時代小説、『銀杏手ならい』(祥伝社文庫)を入手しました。 手習所や寺子屋を舞台にした時代小説に興味を感じるのは、現在でも教育が重大な関心事の一つだからでしょうか。 江戸時代、読み書きができる識字...
最低亭主から別れて、人生を取り戻せ――江戸の離婚模様
西條奈加さんの長編時代小説、『わかれ縁(えにし)』を入手しました。 浮気と借金を繰り返す最低亭主から逃げた女房は、離縁できるのか? 江戸の離婚模様というと、田牧大和さんの『縁切寺お助け帖』など、幕府公認の縁切寺、鎌倉・東慶寺へ駆...

「2017年6月の新刊 中」をアップ|『まるまるの毬』 2017年6月10日
「2015年5月の新刊 中」をアップ|『世直し小町りんりん』 2015年5月9日

■時代小説ブックガイド 読書リスト
『はむ・はたる』(光文社・光文社時代小説文庫) [市井] おすすめ度:★★★★
『恋細工』(新潮社・新潮文庫) [芸道] おすすめ度:★★★★☆☆

時代小説作家リストへ戻る