斎藤道三は2人いた?

『ふたり道三』を入手した。暗殺と謀略を繰り返して美濃一国を盗み取った斎藤道三は、梟雄と呼ばれることが多い。司馬遼太郎さんの『国盗り物語』の主人公としても知られている。織田信長の舅としても知られる。

『剣豪将軍義輝』以来、読み味のよい時代小説の快作を次々と発表している宮本昌孝さんが、長編小説で取り上げたのが、この斎藤道三である。『ふたり道三』とタイトルにつけられている。これは、斎藤道三の遺業については、親子二代でなしたことであるという最近の歴史研究の結果を踏まえてのものらしい。

道三は、『剣豪将軍義輝』にもチラッと登場したので、前々から読みたいと思っていた。『ふたり道三』の文庫版は上・中・下の三分冊になっている。好漢(ヒーロー)を描くので定評のある宮本さんが、どんなふうに道三を描くのか、今から読書が楽しみである。

ふたり道三〈上〉 (新潮文庫)

ふたり道三〈上〉 (新潮文庫)

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)

国盗り物語〈1〉斎藤道三〈前編〉 (新潮文庫)