2005-09

スポンサーリンク
古地図

切絵図から江戸が見えるか

『江戸切絵図散歩』を読み終えた。関東大震災や東京大空襲による破壊と、東京オリンピックや高度経済成長、地上げとバブル経済などによる開発、再開発という美名のもとでの都市の変貌。池波正太郎さんが愛された江戸・東京は、田畑や雑木林は宅地に変わり、...
市井人情

遠山の金さんの懐刀

えとう乱星さんの『裏小路しぐれ傘』を入手。主人公は、北町奉行遠山景元(ご存知、遠山の金さん)の懐刀、御厨新三郎。与力を辞して息子の恭太郎に家督を譲り、時雨と名前を変えて裏長屋で気ままな一人暮らしを始める。そんな折、日本橋と内藤新宿で辻斬り...
古地図

池波正太郎さんと江戸切絵図

最近、江戸切絵図を見る機会が多く、ふと気になって、十数年ぶりに池波正太郎さんの『江戸切絵図散歩』を読み返してみた。時代小説にはまり、「江戸切絵図」なるものの存在を知ったのは、池波さんのエッセーか何かだったように記憶している。 当時は、切絵...
ブックガイド

朝日新聞の時代小説特集

今朝の朝日新聞の別刷「be Extra BOOKS」で、時代小説を大々的に特集していた。作家の浅田次郎さんと女優の中江有里さんが時代小説をテーマに対談されていて、興味深く記事を読んだ。とくに中江さんは藤沢周平さんの『驟り雨』や『海鳴り』な...
幕末維新

アームストロング砲と佐賀藩

彰義隊の戦いについて調べているうちに、アームストロング砲のことが気になりだして、『アームストロング砲』(司馬遼太郎著)を入手した。アームストロング砲は、幕末随一の科学先進藩、佐賀藩で製造された高性能大砲のことで、彰義隊の戦いをわずか半日で...