2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

『まいまいつぶろ』―「オール讀物」本屋が選ぶ時代小説大賞特集号

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

『オール讀物 2023年12月号』|文藝春秋

オール讀物 2023年12月号文芸雑誌、『オール讀物 2023年12月号』(文藝春秋)が家に届きました。

今月号の特集は、第13回本屋が選ぶ時代小説大賞
大賞は、村木嵐(むらきらん)さんが『まいまいつぶろ』で受賞されました。

村木さん、おめでとうございます!

受賞作は、生まれながらに重い障がいを持ち、意思疎通に問題を抱えた徳川九代将軍家重と、常にその傍らにあって家重を支えた小姓大岡忠光の絆を描いた、感涙の歴史小説です。

★候補作
高瀬乃一さんの『貸本屋おせん』(文藝春秋)
武内涼さんの『厳島』(新潮社)
武川佑さんの『真田の具足師』(PHP研究所)
村木嵐さんの『まいまいつぶろ』(幻冬舎)

今回の審査員をつとめたスター書店員たちによる、大賞選考の座談会の白熱ぶりに興奮を覚えました。候補作品から大賞を選んだ理由が明快で、四者四様の意見はそれぞれの視点の違いも表れていて参考になりました。

とくに、受賞は逃したものの、デビュー作で同じ本を商う仕事に就く主人公を描いた、高瀬乃一さんの『貸本屋おせん』への共感は、本をこよなく愛する書店員ならではのものと思いました。

本の目利きである、大矢博子さん、末國善己さん、縄田一男さんによる、2023年のおすすめ歴史時代小説10作は必読の傑作ばかりで、今年出た面白い作品を振り返るのに最適です。

特集以外では、夢枕獏さんを4人の女性作家(澤田瞳子さん・蝉谷めぐ実さん・武川佑さん)が囲んで、「陰陽師」愛を語る座談会が面白かったです。

澤田さんが、小学生の頃に、雑誌に掲載されていた「鬼のみちゆき」を読んだのが最初というくだりを読んでびっくり。
オール讀物なのかなあ。歴史小説家は小学生時代からその芽を育んできたんですね。
単行本の刊行が昭和63年8月ですので、その1、2年前のことでしょうか。いずれにしても長く続くシリーズならではのこと。

時代小説ファンとしては、夢のような楽しみがいっぱい詰まった一冊となっていて、一足早くクリスマスプレゼントをもらった気分です。

オール讀物 2023年12月号

文藝春秋
2023年12月1日発行

表紙絵:蓬田やすひろ「白いおうち」
表紙デザイン:野中深雪

●目次より抜粋

〈第13回本屋が選ぶ時代小説大賞 決定発表〉
◎受賞作『まいまいつぶろ』村木嵐
グラビア&インタビュー「古都・鴨川で喜びの声」

◎時代小説、これが今年の収穫だ!
大矢博子 末國善己 縄田一男

◎歴代受賞者競作
永井紗耶子「混沌の輪」 秘仏の扉
砂原浩太朗「波と波」 藩邸差配役日日控
木下昌輝「恋双六」 新シリーズ

〈読切! 時代小説人気シリーズ〉
西條奈加「身代わり」狸穴屋お始末日記
畠中恵「おとうと」まんまこと
諸田玲子「榎屋敷の怪」 おまあ推理帖
織守きょうや「夜、歩く」 蛇目の佐吉捕り物帖

〈映画「陰陽師0」来春公開記念〉
大座談会 「陰陽師」が好きすぎる!
夢枕獏×澤田瞳子×蝉谷めぐ実×武川佑
陰陽師はいったいなぜ多くの作家たちをとりこにするのか

本文420ページ

■今回、紹介した本