シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2023年9月中旬の新刊(文庫)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『乱鴉の空』|あさのあつこ|光文社文庫

乱鴉の空2023年9月11日から9月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年9月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今月注目しているのは、光文社文庫から刊行される、あさのあつこさんの大人気時代ミステリー「弥勒」シリーズの第11弾、『乱鴉の空』(らんあのそら)です。

北町奉行所定町廻り同心の木暮信次郎の姿が消えた。奉行所はおろか屋敷からも姿を消し、信次郎から手札を預かる岡っ引きの伊佐治は、大番屋に連れていかれる。伊佐治の解き放ちに奔走した小間物問屋『遠野屋』主・清之介は伊佐治と二人で信次郎を捜し始める。一方、北町奉行所に不審な者の影が。最後に待っている衝撃のラスト! 100万部突破シリーズ、驚愕の第十一弾。

(『乱鴉の空』(光文社文庫)Amazonの内容紹介より)

あさのあつこさんの『乱鴉の空』のカバー帯に推薦コメントを載せていただきました。今回、文庫巻末に収載された解説を、中の人(理流)が書きました。
帯にも、解説文から抜き出した、「このシリーズは、優れた人間ドラマであり、その面白さには中毒性がある。」の一文を入れていただきました。

解説では、これまでの前10作各巻の内容をレビューし、シリーズの魅力の源泉を明らかにするとともに、本書の読みどころにも触れています。
作品を楽しまれましたら、ぜひ、解説にも目を通していただければ幸いです。

文庫●2023年9月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年9月中旬の新刊(11日→20日) 2023年9月11日から9月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。...

★『乱鴉の空』(光文社文庫)のご紹介

信次郎が消えた!どうする?瞠目の「弥勒」シリーズ第11弾
『乱鴉の空』|あさのあつこ|光文社文庫 あさのあつこさんの時代小説、『乱鴉の空(らんあのそら)』(光文社文庫)紹介します。 「時代小説SHOW」の中の人(理流)が、巻末の解説を書かせていただいた『乱鴉の空』(光文社文庫刊)が遂に出ました。 ...

■Amazon.co.jp
『乱鴉の空』(あさのあつこ・光文社文庫)

あさのあつこ|時代小説ガイド
あさのあつこ|時代小説・作家 1954年、岡山県生まれ。青山学院大学を卒業後、小学校講師を経て作家デビュー。 1997年、『バッテリー』で野間児童文芸賞を受賞。 1999年、『バッテリー2』で日本児童文学者協会賞を受賞。 2005年、『バッ...