2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

『文蔵2023.1・2』は、新世代のミステリー作家に大注目

アフィリエイト広告を利用しています。
スポンサーリンク

『文蔵2023.1・2』|PHP文芸文庫

『文蔵2023.1・2』『文蔵2023.1・2』(PHP研究所・PHP文芸文庫)のブックガイドは、進化を続ける期待の実力派たち 新世代のミステリー作家に大注目 です。

今号のブックガイドでは、最近台頭が著しいアラサー世代の実力派ミステリー作家の新感覚ミステリーをライターの友清哲さんが紹介します。

「令和的モチーフを投じた新感覚ミステリー」「本格ジャンルにおニューカマーが続々」「法廷小説にも斬新なアイデアが」の3つの切り口で11のミステリー小説を取り上げています。令和のミステリーシーンの未来の一端が見えてくるかも。

また、歴史時代小説ファンとしては、第28回中山義秀文学賞の授賞式のレポート記事に注目しました。
『身もこがれつつ 小倉山の百人一首』で受賞した周防柳さんのことばや、選考委員の一人、伊東潤さんの選評が読めます。

文蔵

■Amazon.co.jp
『文蔵2023.1・2』(PHP文芸文庫)

「文蔵」編集部|バックナンバーガイド
「文蔵」編集部|ぶんぞうへんしゅうぶ PHP研究所が発行する、文庫版サイズの月刊の文芸誌。 創刊号は2005年10月号。 時代小説SHOW 投稿記事 『文蔵 2018.11』の特集は、初めて読む時代小説 2018年10月17日 『文蔵 20...