スポンサーリンク

『文蔵2022.3』特集は「小説カフェ」で一休み

『文蔵2022.3』|PHP文芸文庫

『文蔵2022.3』『文蔵2022.3』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、コーヒー、紅茶から、少しのお酒まで 「小説カフェ」で一休み です。

小説に登場するカフェには、個性的な店主がいたり、コーヒーがおいしそうだったり、居心地の良さそうだったり、通ってみたくなるような店があります。

今回はカフェが舞台となる小説の特集です。
作家吉永南央さんへのインタビューのほか、ライターで書評家の瀧井朝世さんが、「極上の一杯が楽しめる小説15選」をブックガイドします。

時代小説ファンには、直木賞作家で、先ごろ、江戸中期に蝦夷地探検で活躍した最上徳内を描いた、『六つの村を越えて髭をなびかせる者』を刊行された、西條奈加さんへのインタビューがおすすめです。
文芸評論家の末國善己さんが聞き手となって、作品の読みどころを余すところ、引き出してくれています。

文蔵

■Amazon.co.jp
『文蔵2022.3』(PHP文芸文庫)
『六つの村を越えて髭をなびかせる者』(西條奈加・PHP研究所)
4569851088

「文蔵」編集部|バックナンバーガイド
「文蔵」編集部|ぶんぞうへんしゅうぶ PHP研究所が発行する、文庫版サイズの月刊の文芸誌。 創刊号は2005年10月号。 ■時代小説SHOW 投稿記事 ...