芥川賞作家で時代小説も執筆。作家高橋三千綱さん、死去

和三郎江戸修行 脱藩"作家の高橋三千綱さんが、8月17日に肝硬変と食道がんのため死去されました。73歳でした。

高橋さんは、1948年、大阪府出身。早稲田大学第一文学部中退後、1974年、「退屈しのぎ」で第17回群像新人文学賞を受賞。

1978年、剣道に打ち込む高校生を描いた、『九月の空』で第79回芥川賞受賞。

時代小説の著作には、剣客ヒーローが痛快無比の活躍をみせる、『剣聖一心斎』や『平成さぶらい』(『お江戸は爽快 右京之介助太刀』に改題)、最近では『和三郎江戸修行』シリーズがあります。

これまで当サイトで取り上げることがほとんどできなくて、申し訳ない思いがあります。機会をつくって、時代小説作品を紹介していきたいと思います。

謹んで故人のご冥福をお祈りします。

→作家 高橋三千綱さん死去 「九月の空」で芥川賞受賞|作家 高橋三千綱さん死去 「九月の空」で芥川賞受賞

■Amazon.co.jp
『お江戸は爽快―右京之介助太刀始末』(高橋三千綱・コスミック・時代文庫)
『和三郎江戸修行 脱藩』(高橋三千綱・集英社文庫)

高橋三千綱|時代小説ガイド
高橋三千綱|たかはしみちつな|作家 1948年、大阪府生まれ。早稲田大学第一文学部中退。 1974年、「退屈しのぎ」で第17回群像新人文学賞。 1978年、「九月の空」で第79回芥川賞受賞。 2021年8月17日、肝硬変と食道がん...