スポンサーリンク

第10回歴史時代作家協会賞に櫻部由美子さん、蝉谷めぐみさん

『くら姫 出直し神社たね銭貸し』8月9日(月)、「日本歴史時代作家協会 公式ブログ」にて、第10回歴史時代作家協会賞(日本歴史時代作家協会主催)の各賞の受賞作品が発表されました。

日本歴史時代作家協会は、歴史時代小説を書く作家、時代物イラストレーター、時代物記事を書くライター、研究者などが集う会です。

デビューから3年以内の作家で、2020年6月から2021年5月まで刊行の作品を対象に受賞作品が選ばれました。
発表された新人賞は、以下の通りです。

●文庫書き下ろし新人賞
櫻部由美子さん 『くら姫 出直し神社たね銭貸し』(ハルキ文庫)

貧乏神に愛された娘・おけいがその手助けをする、ハートフルな時代ミステリーです。

●新人賞(単行本作品が対象)
蝉谷めぐ実さん 『化け者心中』(KADOKAWA)

色気のある主人公、疾走感あふれるストーリー、若々しい筆致。魅力がいっぱいの江戸歌舞伎小説。

『化け者心中』

●シリーズ賞(文庫書き下ろし)
倉阪鬼一郎さん 二見文庫、光文社文庫、幻冬舎文庫などのシリーズ作
有馬美季子さん 祥伝社文庫、光文社文庫などのシリーズ作

「小料理のどか屋人情帖」シリーズなど多くの著作シリーズをもつ倉阪さんと、「はないちもんめ」シリーズなどで活躍されている有馬さんが受賞。
幅広い読者層をもつ、人情料理小説の書き手のお二人が選ばれたことを嬉しく思います。

『千里をゆけ くじ引き将軍と隻腕女』

● 作品賞
武川佑さん 『千里をゆけ くじ引き将軍と隻腕女』(文藝春秋)

2018年、デビュー作『虎の牙』で、第7回歴史時代作家クラブ新人賞を受賞した著者。
今回、室町六代将軍足利義教を取り上げた作品で、作品賞を受賞しました。

●功労賞
なし

■Amazon.co.jp
『くら姫 出直し神社たね銭貸し』(櫻部由美子・ハルキ文庫)
『化け者心中』(蝉谷めぐ実・KADOKAWA)
『千里をゆけ くじ引き将軍と隻腕女』(武川佑・文藝春秋)
『人生の一椀 小料理のどか屋 人情帖』(倉阪鬼一郎・二見時代小説文庫)
『はないちもんめ』(有馬美季子・祥伝社文庫)

出典: