「2020年11月下旬の新刊(文庫)」をアップ

『西郷の首』|伊東潤|角川文庫

西郷の首2020年11月21日から11月末日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年11月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、伊東潤さんの長編歴史小説、『西郷の首』(角川文庫)を取り上げてみました。

西郷の首を発見した軍人と、大久保利通暗殺の実行犯は、かつての親友同士だった。激動の時代を生き抜いたふたりの武士の友情、そして別離。「明治維新」に隠されたドラマを描く、美しくも切ない歴史長編。
(『西郷の首(角川文庫)』Amazonの内容紹介より)

開国を進める幕府と、尊皇攘夷を唱える長州藩を中心に、激しい戦いが繰り広げられる幕末。百万石の大藩・加賀藩は、中立的立場ながらも、藩内では佐幕派と倒幕派二派の対立が激化していました。
加賀藩士の島田一郎は尊皇攘夷思想に憧れ、やがて一郎は反政府活動に傾倒し、武装蜂起を企てました。

一方、一郎の親友千田文次郎は陸軍軍人となって西南戦争に参加し、西郷隆盛の首を発見しました。

西南戦争の集結により不平士族の絶望は頂点に達し、一郎らは大久保利通の暗殺を画策する……。
加賀藩出身の二人の青年を通して、幕末から明治へという激動の時代を活写した長編歴史小説です。

西郷隆盛と西南戦争を描いた長篇小説には、『武士の碑(いしぶみ)』もあります。あわせて読みたい、男の生きざまを描いた骨太の作品です。

文庫●2020年11月下旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2020年11月下旬の新刊(21日→月末) 2020年11月21日から11月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 ...

■Amazon.co.jp
『西郷の首』(伊東潤・角川文庫)
『武士の碑』(伊東潤・PHP文芸文庫)

伊東潤|時代小説ガイド
伊東潤|いとうじゅん|時代小説・作家 1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。 2011年、『黒南海の海――加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』で第1回本屋が選ぶ時代小説を受賞。『城を噛ませた男』で第146回直木賞候補。 20...