伊東潤|時代小説ガイド

[い] 伊東潤|いとうじゅん|時代小説・作家

1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。
2011年、『黒南海の海――加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』で第1回本屋が選ぶ時代小説を受賞。『城を噛ませた男』で第146回直木賞候補。
2012年、『国を蹴った男』で第148回直木賞候補。
2013年、『国を蹴った男』で第34回吉川英治文学新人賞を受賞、『義烈千秋 天狗党西へ』で第2回歴史時代作家クラブ賞作品賞を受賞、『巨鯨の海』で第4回山田風太郎賞と第1回高校生直木賞を受賞、第149回直木賞候補。『王になろうとした男』で第150回直木賞候補。
2014年、『峠越え』で第20回中山義秀文学賞を受賞。『天下人の茶』で第155回直木賞候補。

■時代小説SHOW 投稿記事

醜女で琵琶名手の女官栄子に下された、悪左府頼長の密命とは
『悪左府の女』 伊東潤さんの長編歴史時代小説、『悪左府の女』(文春文庫)を入手しました。 保元の乱は、皇位継承や摂関家の内紛により、保元元年(1156)七月に起こりました。 朝廷の内部抗争の解決に、源氏と平家の武士の力を借りたこと...
江戸のインフラを造った公共事業家、河村瑞賢の波瀾の生涯を描く
伊東潤さんの長編歴史時代小説、『江戸を造った男』(朝日文庫)を入手しました。河村瑞賢は元和四年(一六一八)に伊勢国度会郡に生まれ、明暦の大火の際に、木曾の材木買占めて財をなした商人です。後世には富商の面ばかりでなく、海運航路を開発した...

「2018年1月の新刊 下」をアップ|『維新と戦った男 大鳥圭介』 2018年1月20日
北条氏五代の興亡をドラマチックに描く、歴史読み物|『戦国北条記』 2016年11月23日
旧薩摩藩士村田新八を主人公に、西郷と西南戦争を描く歴史長編|『武士の碑(いしぶみ)』 2015年9月6日
西郷・大久保の後継者と目された村田新八を主人公に西南戦争を描く長編小説|『武士の碑(いしぶみ)』 2015年6月25日

■時代小説ブックガイド 読書リスト
『幻海 The Legend of Ocean』(光文社・光文社文庫) [海洋] おすすめ度:★★★★☆☆
『疾き雲のごとく』(講談社・講談社文庫) [戦国] おすすめ度:★★★★☆☆
『黒南風の海 加藤清正「文禄・慶長の役」異聞』(PHP研究所) [戦国] おすすめ度:★★★★☆☆

■著者のホームページ
伊東潤 公式サイト
伊東潤 (@jun_ito_info) | Twitter

時代小説作家リストへ戻る