文庫●2020年11月下旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年11月下旬の新刊(21日→月末)

2020年11月21日から11月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

角川文庫の新刊に注目しています。
文芸評論家・末國善己さんのセレクションによる、短編時代小説選集、『商売繁盛 時代小説アンソロジー』

江戸の“お店”をテーマに、宮部みゆきさん、朝井まかてさん、梶よう子さん、西條奈加さん、畠中恵さんという、時代小説の名手の競演が楽しめます。

稲葉稔さんの『大河の剣(二)』

名主の息子として生まれながらも、江戸で日本一の剣士を目指す山本大河は、千葉道場で頭角を現してきました。初めての他流試合の相手は……。新シリーズ第二弾。

伊東潤さんの『西郷の首』

西郷の首を発見した軍人と、大久保利通暗殺の実行犯。激動の時代を生き抜いたふたりの武士の友情、そして生き様。「明治維新」に隠されたドラマを描きます。

中公文庫の新刊では、上田秀人さんの『翻弄-盛親と秀忠』が楽しみです。

四国全土を席巻した偉大な父・元親に愛され、家督を継いだ長宗我部盛親。天下の実権を握る家康を父に持つ徳川秀忠。二人はともに関ヶ原の戦いで戦功を上げられず屈辱を味わった。それから十余年……。

二見時代小説文庫から、藤水名子さんの『古来稀なる大目付 まむしの末裔1』が出ます。

松波家は斎藤道三の家系ともいわれており、当主の三郎兵衛正春は、町奉行から大目付に任じられました。松波正春は、大岡忠相の後に南町奉行に就いた実在の人物だそうです。気になるシリーズの始まりです。

新潮文庫から、畠中恵さんの『むすびつき』が刊行されます。

祝・しゃばけ20周年! 若だんなは、前世でどんな人だった? 貧乏神の金次との宿命、鈴彦姫の推理など、人と妖との絆が胸に沁みる、シリーズ第17弾です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●11月21日発売 KADOKAWA・角川文庫
『はなの味ごよみ 勇気ひとつ』高田在子『はなの味ごよみ 勇気ひとつ』
『商売繁盛 時代小説アンソロジー』朝井まかて、梶よう子、他『商売繁盛 時代小説アンソロジー』
『大河の剣(二)』稲葉稔『大河の剣(二)』
『西郷の首』
→記事:「2020年11月下旬の新刊(文庫)」をアップ
伊東潤『西郷の首』
●11月21日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『日本人のための第一次世界大戦史』板谷敏彦『日本人のための第一次世界大戦史』
『古事談 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』源顕兼著、倉本 一宏編『古事談 ビギナーズ・クラシックス 日本の古典』
『日本文学の古典50選』久保田淳『日本文学の古典50選』
●11月24日発売 潮書房光人新社・産経NF文庫
『皇位継承でたどる天皇陵』渡部裕明『皇位継承でたどる天皇陵』
『日本陸海軍 将軍提督事典 西郷隆盛から井上成美まで』楳本捨三『日本陸海軍 将軍提督事典 西郷隆盛から井上成美まで』
●11月25日発売 中央公論新社・中公文庫
『翻弄-盛親と秀忠』上田秀人『翻弄-盛親と秀忠』
『新装版-奇貨居くべし(二)-火雲篇』宮城谷昌光『新装版-奇貨居くべし(二)-火雲篇』
●11月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『剣客奉行 柳生久通5』藤水名子
『古来稀なる大目付 まむしの末裔1』藤水名子『古来稀なる大目付 まむしの末裔1』
『物乞い殿様 目利き芳斎 事件帖2』井伊和継『物乞い殿様 目利き芳斎 事件帖2』
『妖刀 狐火 怪盗 黒猫2』和久田 正明『妖刀 狐火 怪盗 黒猫2』
●11月30日発売 新潮社・新潮文庫
『むすびつき』畠中恵『むすびつき』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年11月の新刊 中(11日→20日)

単行本★2020年11月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年11月の新刊(1日→末) 2020年11月1日から11月30日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペ...