文庫●2020年12月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年12月上旬の新刊(1日→10日)

2020年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

実業之日本社文庫から出る、近衛龍春さんの『奥州戦国に相馬奔る』に注目。
伊達政宗にも、徳川家康にも、大津波にも負けない、東北の名門・相馬一族の不屈の戦いを描いた歴史長編です。

文春文庫の新刊も気になります。

宮城谷昌光さんの『三国志名臣列伝 後漢篇』
能力よりも徳を重視し、頭脳よりも心を尊重する国家がつくられた、後漢。その理想を体現する7人の名臣たちを描く、宮城谷昌光さんの「三国志」シリーズの一冊。

葉室麟さんの『大獄 西郷青嵐賦』
薩摩藩主の島津斉彬に仕え、天下のことに目覚め、一橋慶喜擁立のため暗躍するが、安政の大獄により全てを失う、若き日の西郷隆盛を描いた歴史長編。

朝松健さんの『血と炎の京 私本・応仁の乱』
戦国時代の幕開けとなった応仁の乱。京を灰燼に帰した戦争はいかなる戦いだったのか。伝奇時代小説の雄が描く、血にまみれた風景を壮絶に描きつくす、書き下ろし長編。

小学館文庫からは、青木主水さんの『徒目付 情理の探索 無双のよろめき』が刊行されます。
情に厚い剣術遣いの望月丈ノ介と、抜群の知恵をもつ甘味好きの福原伊織の相棒(バディ)が難事件を快刀乱麻する、書き下ろしシリーズ第2弾です。

PHP文芸文庫からは、田牧大和さんの『鯖猫長屋ふしぎ草紙(九)』の新刊が出ます。
長屋を“仕切る”美猫サバの活躍が、猫好きの心に火をつけます。江戸を舞台にした謎解き&人情ばなし第九弾。

今月もっとも楽しみなのは、幻冬舎時代小説文庫

安部龍太郎さんの『家康〈六〉 小牧・長久手の戦い』
毎月刊行される、徳川家康の生涯を描く、大河歴史小説も早くも第6巻に突入。家康は、一足先に天下人へ歩を進める秀吉と雌雄を決することに。

篠綾子さんの『梅雨葵 小鳥神社奇譚』
小烏神社の若き宮司である竜晴と、医者で本草学者の泰山が事件を解決していく、相棒(バディ)小説のシリーズ第2弾です。

山本巧次さんの『江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ』
『八丁堀のおゆう』や『江戸の闇風』シリーズで知られる、気鋭作家の新シリーズの始まりです。

土橋章宏さんの『身代わり忠臣蔵』
《殿の身代わりとなってお家を御守りください》
替え玉人生の極楽と地獄を描く《異聞》忠臣蔵。討ち入りの日に向けて読みたい一冊。

双葉文庫から、千野隆司さんの『おれは一万石(15)-大奥の縁』が出ます。
尾張徳川家一門に急接近してきた将軍付御年寄・滝川。滝川に気に入られた正紀は、彼女の拝領町屋の立て直しを命じられるが……。

今月は、ハヤカワ時代ミステリ文庫の刊行があります。

田中啓文さんの『信長島の惨劇』
本能寺の変の後、謎めいた島の館へと招かれた羽柴秀吉、柴田勝家、高山右近、徳川家康の4人は、一人また一人と殺害されていく。なんという題名、そして設定! 読まずにはいられません。

伍代圭佑さんの『江戸留守居役 浦会』
江戸には誰も知り得ぬ「裏」がある――かつて神君家康公が創った正義の闇組織に足を踏み入れた若き侍を描きます。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●12月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『警察犬「兼定」号 新撰組とともに幕末を斬る 第一巻』ぽんた『警察犬「兼定」号 新撰組とともに幕末を斬る 第一巻』
●12月2日発売 PHP研究所・PHP文庫
『地形で読み解く古代史の謎』関裕二『地形で読み解く古代史の謎』
『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』エドマンド・バーク著、佐藤健志訳『[新訳]フランス革命の省察 「保守主義の父」かく語りき』
●12月2日発売 日本経済新聞出版・日経ビジネス人文庫
『10の「感染症」からよむ世界史』脇村孝平監修『10の「感染症」からよむ世界史』
●12月4日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『葛飾北斎殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿』風野真知雄『葛飾北斎殺人事件 歴史探偵・月村弘平の事件簿』
『奥州戦国に相馬奔る』近衛龍春『奥州戦国に相馬奔る』
『父 渋沢栄一』渋沢秀雄『父 渋沢栄一』
●12月4日発売 宝島社・宝島社文庫
『呪禁師(じゅごんし)は陰陽師が嫌い 平安の都・妖異呪詛事件考』黒崎リク『呪禁師(じゅごんし)は陰陽師が嫌い 平安の都・妖異呪詛事件考』
●12月4日発売 草思社・草思社文庫
『文庫 葉隠 超入門』市川スガノ『文庫 葉隠 超入門』
●12月5日発売 潮出版社・潮文庫
『水滸縦横断』井波律子『水滸縦横断』
『漱石センセと私』出久根達郎『漱石センセと私』
●12月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『暴力と武力の日本中世史』本郷和人『暴力と武力の日本中世史』
『室町将軍の権力 鎌倉幕府にはできなかったこと』本郷恵子『室町将軍の権力 鎌倉幕府にはできなかったこと』
●12月8日発売 文藝春秋・文春文庫
『徒然ノ冬 居眠り磐音(四十三)決定版』佐伯泰英『徒然ノ冬 居眠り磐音(四十三)決定版』
『湯島ノ罠 居眠り磐音(四十四)決定版』佐伯泰英『湯島ノ罠 居眠り磐音(四十四)決定版』
『紙風船 新・秋山久蔵御用控(九)』藤井邦夫『紙風船 新・秋山久蔵御用控(九)』
『三国志名臣列伝 後漢篇』宮城谷昌光『三国志名臣列伝 後漢篇』
『大獄 西郷青嵐賦』葉室麟『大獄 西郷青嵐賦』
『血と炎の京 私本・応仁の乱』
→記事:「2020年12月上旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:歴史伝奇のレジェンドが描く、骨皮道賢と応仁の乱の地獄模様
朝松健『血と炎の京 私本・応仁の乱』
『花影の花 大石内蔵助の妻』平岩弓枝『花影の花 大石内蔵助の妻』
●12月8日発売 河出書房新社・河出文庫
『室町お伽草紙: 青春!信長・謙信・信玄卍ともえ 山田風太郎傑作選 室町篇』山田風太郎『室町お伽草紙: 青春!信長・謙信・信玄卍ともえ 山田風太郎傑作選 室町篇』
●12月8日発売 小学館・小学館文庫
『若殿八方破れ(三) 姫路の恨み木綿』鈴木英治『若殿八方破れ(三) 姫路の恨み木綿』
『徒目付 情理の探索 無双のよろめき』青木主水『徒目付 情理の探索 無双のよろめき』
●12月9日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(九)』
→記事:盗賊の頭に、役者の卵、座敷童まで、美猫サバの長屋に出現
田牧大和『鯖猫(さばねこ)長屋ふしぎ草紙(九)』
●12月9日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『家康〈六〉 小牧・長久手の戦い』安部龍太郎『家康〈六〉 小牧・長久手の戦い』
『梅雨葵 小鳥神社奇譚』篠綾子『梅雨葵 小鳥神社奇譚』
『祈りの陰 義賊・神田小僧』小杉健治『祈りの陰 義賊・神田小僧』
『江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ』山本巧次『江戸美人捕物帳 入舟長屋のおみわ』
『腕くらべ お江戸甘味処 谷中はつねや』倉阪鬼一郎『腕くらべ お江戸甘味処 谷中はつねや』
『身代わり忠臣蔵』
→記事:偽者吉良上野介と不忠の大石内蔵助が繰り広げるお笑い忠臣蔵
土橋章宏『身代わり忠臣蔵』
『飛猿彦次人情噺 長屋の危機』鳥羽亮『飛猿彦次人情噺 長屋の危機』
●12月9日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『ディープフィクサー 千利休』波多野聖『ディープフィクサー 千利休』
●12月9日発売 光文社・光文社文庫
『流転の果て 決定版 勘定吟味役異聞(八)』上田秀人『流転の果て 決定版  勘定吟味役異聞(八)』
『隅田川御用日記 雁もどる』藤原緋沙子『隅田川御用日記 雁もどる』
『翻りの訴 細腕敵討ち哀歌 吟味方与力 望月城之進(ニ)』小杉健治『翻りの訴 細腕敵討ち哀歌  吟味方与力 望月城之進(ニ)』
『妖の牙 決定版 八丁堀つむじ風(九)』和久田正明『妖の牙 決定版  八丁堀つむじ風(九)』
『恋わずらい 決定版 研ぎ師人情始末(八)』稲葉稔『恋わずらい 決定版  研ぎ師人情始末(八)』
『狐と韃 知らぬ火文庫』朱川湊人『狐と韃  知らぬ火文庫』
『殿中 鬼役(三十一)』坂岡真『殿中 鬼役(三十一)』
●12月9日発売 光文社・光文社知恵の森文庫
『日本史が面白くなる47都道府県県庁所在地誕生の謎』八幡和郎『日本史が面白くなる47都道府県県庁所在地誕生の謎』
『伝説の日本史 第4巻 汚名返上「悪人」たちの真実』井沢元彦、和田秀樹『伝説の日本史 第4巻 汚名返上「悪人」たちの真実』
●12月9日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『天保艶犯科帖 賭場の用心棒 (第2巻)』八神淳一『天保艶犯科帖 賭場の用心棒 (第2巻)』
『恋しぐれ浪人剣』山手樹一郎『恋しぐれ浪人剣』
『殿さま浪人幸四郎 友との契り (第1巻)』聖龍人『殿さま浪人幸四郎 友との契り (第1巻)』
●12月10日発売 双葉社・双葉文庫
『おれは一万石(15)-大奥の縁』
→記事:大奥御年寄おもてなしと拝領町屋敷の再生、正紀にミッション
千野隆司『おれは一万石(15)-大奥の縁』
『口入屋用心棒(47)-猿兄弟の絆』鈴木英治『口入屋用心棒(47)-猿兄弟の絆』
『はぐれ長屋の用心棒(50)-苦界の娘』鳥羽亮『はぐれ長屋の用心棒(50)-苦界の娘』
『照れ降れ長屋風聞帖〈十〉散り牡丹 新装版』
→記事:捕物劇の陰で、同心と女隠密の恋と別れ。江戸に酔いしれる
坂岡真『照れ降れ長屋風聞帖〈十〉散り牡丹 新装版』
『浪人奉行 十ノ巻』稲葉稔『浪人奉行 十ノ巻』
●12月10日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『信長島の惨劇』
→記事:本能寺の変で死んだはずの信長から、四人の武将へ死の招待状
田中啓文『信長島の惨劇』
『江戸留守居役 浦会』
→記事:正義の闇組織「浦会」暗躍、江戸留守居役には危険がいっぱい
伍代圭佑『江戸留守居役 浦会』
●12月10日発売 徳間書店・徳間文庫
『暴れ旗本天下御免』井川香四郎『暴れ旗本天下御免』
『乱丸上 〈新装版〉』宮本昌孝『乱丸上 〈新装版〉』
『乱丸下 〈新装版〉』宮本昌孝『乱丸下 〈新装版〉』
●12月10日発売 イースト・プレス
『武士道 (まんがで読破)』新渡戸稲造『武士道 (まんがで読破)』
『論語 (まんがで読破)』バラエティ・アートワークス(イラスト)『論語 (まんがで読破)』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年11月の新刊 下(21日→月末)2020年12月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2020年12月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年12月の新刊(1日→末) 2020年12月1日から12月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ペー...