「2020年12月上旬の新刊(文庫)」をアップ

『血と炎の京 私本・応仁の乱』|朝松健|文春文庫

血と炎の京 私本・応仁の乱2020年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2020年12月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、朝松健さんの伝奇歴史小説、『血と炎の京(みやこ) 私本・応仁の乱』(文春文庫)を取り上げてみました。

行軍中に東軍・細川勝元が拾った瀕死の男。額に「犬」の文字の刻まれた男は、西軍の山名宗全に虐殺された集落の生き残りだった。男は宗全への憎悪を胸に、地獄の戦場に血路を切り開く。しかし敵方には中国渡りの最新兵器たる投石器を駆使する軍師がおり、苦戦を強いられる。一方、この大戦さの中にあって、これを収拾しようという姿勢もみせぬ将軍・足利義政の妻・日野富子は、渇いた心の救いを希い、戦火のなかを蓮如に面会すべく動き出そうとしていた。

京を灰燼に帰した応仁の乱とはいかなる戦争であったのか。その血みどろの風景を壮絶に描きつくす書き下ろし歴史伝奇小説。
(『血と炎の京 私本・応仁の乱』(文春文庫) Amazonの紹介ページより)

呉座勇一さんの『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』がベストセラーになり、以降、誰もが名前を知っていながら、実態がよくわからない大乱、応仁の乱への関心が高まっているように思います。

本書は、伝奇時代小説を代表する書き手の一人である著者が描く、応仁の乱ということで、食指が動きます。

京を灰燼に帰した応仁の乱の地獄絵図の中を、歴史上の人物が自在に躍動していく、朝松ワールドがさく裂。何とも楽しみな作品です。

文庫●2020年12月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2020年12月上旬の新刊(1日→10日) 2020年12月1日から12月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張って...

■Amazon.co.jp
『血と炎の京 私本・応仁の乱』(朝松健・文春文庫)
『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』(呉座勇一・中公新書)

朝松健|時代小説ガイド
朝松健|あさまつけん|時代小説・作家 1956年、北海道札幌市生まれ。東洋大学文学部卒業。 1986年、『魔教の幻影』(ソノラマ文庫)で小説家としてデビュー。 時代小説SHOW 投稿記事 時代小説ブックガイ...