青森を舞台にした著作で活躍。直木賞作家長部日出雄さん死去

津軽風雲録直木賞作家で故郷の青森を舞台にし著作で活躍された作家の長部日出雄(おさべひでお)さんが、10月18日に虚血性心不全のため死去されました。84歳でした。

長部さんは1934年生まれで、青森県弘前市出身。早稲田大学文学部哲学科を中退、『週刊読売』記者、編集者、映画評論家・ルポライターを経て、作家に。1973年に 『津軽じょんから節』と『津軽世去れ節』により第69回直木賞を受賞しましました。

1979年に『鬼が来た-棟方志功伝』により第30回芸術選奨文部大臣賞を、1986年に『見知らぬ戦場』により第6回新田次郎文学賞を、2002年に『桜桃とキリスト もう一つの太宰治伝』により第29回大佛次郎賞を受賞。

個人的には、津軽為信が津軽の領主として戦国から江戸を駆ける時代小説『津軽風雲録』が記憶に残っています。破天荒な武将・津軽為信が挑んだ下剋上は短編「ゴロツキ風雲録」(時代小説アンソロジー『東北戦国志』収録)でも描かれています。

謹んで故人のご冥福をお祈りします。

『津軽風雲録』|時代小説SHOW

■Amazon.co.jp
『津軽風雲録』(長部日出雄・津軽書房)
『東北戦国志』(細谷正充編・PHP文庫)

→直木賞作家の長部日出雄さん死去|産経新聞 THE SANKEI NEWS
→大友康平 叔父で直木賞作家の長部日出雄氏悼む「孤高の天才小説家」|スポニチ Sponichi Annex