『大和維新』をUP

大和維新植松三十里(うえまつみどり)さんの近代時代小説、『大和維新』(新潮社)を、「時代小説SHOW」で紹介しました。

本書は、堺県議のち大阪府議を務めながら私財を投じて、故郷・奈良県の独立(再設置)運動に尽くした、今村勤三の生涯を描いた長編小説です。

「勤、大和の誇り忘れるべからず」
幕末、天誅組に身を投じて処刑された学問の師、伴林光平の遺した言葉を胸に、堺県(後に大阪府)に吸収合併されて、一度は消滅した奈良県の独立を目指して、明治政府に立ち向かった男、今村勤三に光を当てています。

刀も鉄砲も使わずに、権力に屈せず、幾多の障害を乗り越えて、粘り強く独立運動を続ける男の物語に胸が熱くなります。

大和維新|時代小説SHOW

■Amazon.co.jp
『大和維新』(植松三十里・新潮社)