本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!

真田幸村になれなかった戦の天才・御宿勘兵衛の物語

くせものの譜戦国時代・丹羽家の敗者復活劇を描いた『うつろ屋軍師』でデビューした、箕輪諒(みのわりょう)さんの『くせものの譜』が学研プラスより刊行されました。

仕えた主家が次々と滅びるために「厄神」と忌避された勘兵衛は、真田幸村と同じく武田家滅亡により人生が激変した。武勇を誇った勘兵衛は、家康の誘いを袖にし、その息子結城秀康に仕えるも、秀康の死後に出奔。さらに大坂の陣では豊臣側として結城家を攻めた……。

著者の箕輪さんは、デビュー作の『うつろ屋軍師』で丹羽家重臣の江口正吉を取りあげ、2作目の『殿さま狸』では蜂須賀家の二代目家政の半生を描いています。個性がキラリと光る、戦国時代の知られざる逸材を発掘してくれます。

作者の3作目にあたる、この本を手に取るまで、御宿勘兵衛の名は聞いたことがありましたが、その事績を全く知りませんでした。大河ドラマで真田家にスポットが当たる中、武田家遺臣として、さまざまな主家を渡り歩き、戦の天才ぶりを発揮しながら、幸村のようにはなれなかった、勘兵衛の半生に惹かれます。

天正壬午の乱の依田信蕃、さらさら越えの久世但馬、小田原征伐の野本右近と伊達与兵衛、越前騒動の本多富正と今村掃部ら、戦の中で彼が出会った男たちもくせものぞろい。隠れた戦国武将の目利きの作者が奏でる戦人の物語に、胸が高鳴ってきます。

■Amazon.co.jp
『くせものの譜』
『うつろ屋軍師』
『殿さま狸』