荒木又右衛門と天下騒乱

ようやく、池宮彰一郎さんの『天下騒乱 鍵屋ノ辻』を読み始めた。テレビ東京系の新春ドラマで「天下騒乱 徳川三代の陰謀」を見られた方もいると思う。私は、見逃してしまった。村上弘明さんが荒木又右衛門を演じていたので、見てみたいと思っていたのだが…。

そのため、本書を読み始めるまで、一介の浪人荒木又右衛門が徳川三代や土井利勝とどう結び付くのか、うまくつながらなかった。また、昔から、伊賀上野「鍵屋の辻の仇討ち」が、なぜ、小説や時代劇の題材として描かれてきたのか、その重要さをうまく理解できなかった。

荒木又右衛門というと、隆慶一郎さんの『かくれさと苦界行』を思い出すが、池宮さんの力作は、現代人に欠けている歴史観を埋めるのに役立つように思われる。楽しみながら続きを読もう。

天下騒乱 鍵屋ノ辻(上) (角川文庫)

天下騒乱 鍵屋ノ辻(上) (角川文庫)

天下騒乱 鍵屋ノ辻(下) (角川文庫)

天下騒乱 鍵屋ノ辻(下) (角川文庫)

かくれさと苦界行 (新潮文庫)

かくれさと苦界行 (新潮文庫)