2006-01-30

スポンサーリンク
幕末維新

維新前後と浅田次郎作品

浅田次郎さんの『五郎治殿御始末』を通勤電車の中で読み始めた。浅田さんの作品を読むのは、『壬生義士伝』以来だが、文章を読んでいるうちに、その世界にどっぷり浸れていい。 この短篇集には、明治維新という激動期に、自らの誇りにかけて、武士の時...
2020.02.11