2006-01-07

スポンサーリンク
捕物

道中ものと女難剣難

平岩弓枝さんの『はやぶさ新八御用旅 二 中仙道六十九次』を読み終えた。主人公の南町奉行所内与力の隼新八郎は、絵に描いたような美丈夫(好い男)のせいか、とにかくもてる。 本編の「御用帳」シリーズでは、妻の郁江、お奉行付きの女中お鯉、湯島の踊...