時代小説を楽しむための「新・江戸切絵図」発売


人文社より、『時代小説の舞台を見に行く 嘉永・慶応 新・江戸切絵図』が9月10日に発売になった。美麗な尾張屋(金鱗堂)板江戸切絵図と時代小説ガイドのコラボで、江戸の町並みが目の前に鮮やかに広がる画期的な本の誕生。

この本の特長を紹介したい。

美麗で精細な地図が魅力

●切絵図の美しさと詳細さを余すところなく伝えるよう、切絵図を可能な限り大きく掲載。本所や小石川などの幕臣の屋敷が密集している切絵図でも屋敷の主人の名前が読み取れる。

●現代地図もその横に掲載し、対比が可能。

●切絵図に掲載された名所をガイドする。

●切絵図に記載されている、大名屋敷、幕府施設、寺社、門、坂、道、橋、川、河岸、渡し、町、村などを項目別に索引にまとめているので、地名を検索しやすい。

時代小説の舞台を紹介

●各切絵図ごとに、切絵図に関連した3つのスポットを取り上げて、そのスポットにちなんだトピックやエピソードをつづり、江戸の文化や歴史に触れることができる。

●各切絵図ごとに、その場所を舞台にした、おススメの時代小説を紹介する。紹介した時代小説は130作品。

江戸の町のことがわかる

●巻頭特集では、江戸切絵図の見方や、時代小説を読みながら江戸切絵図を楽しむ方法、江戸の町の発達の歴史などを解説する。

●「町と住居」「治安と自治」「交通と通信」「時の知恵」「石高と経済」「服と食べ物」「遊興と遊山」のテーマで、江戸の基本を解説する。

●錦絵や古写真を織り交ぜて、江戸情緒や幕末・明治初年の雰囲気を伝える。

A4サイズの大判で、130ページの全ページカラーなので、ちょっとリッチな気分。これで1,785円(税込み)は、リーズナブルなところ。まずは、書店で手にとって見てください。

嘉永・慶応新・江戸切絵図 巻末索引付完全保存版―時代小説の舞台を見に行く (古地図ライブラリー 0)

コメント

コメント

“時代小説を楽しむための「新・江戸切絵図」発売” への 1 件のフィードバック

  1. ピンバック: 快適生活綴り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

captcha * Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.