シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「時代小説●2024年4月下旬の新刊情報(文庫)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『すずめのお師匠 身代わり与力捕物帖』|氷月葵|角川文庫

すずめのお師匠 身代わり与力捕物帖2024年4月21日から4月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2024年4月下旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、氷月葵(ひづきあおい)さんの文庫書き下ろし時代小説、『すずめのお師匠 身代わり与力捕物帖』に注目しています。

2022年に、「御庭番の二代目」「神田のっぴき横丁」「仇討ち包丁」の各シリーズにより、第11回日本歴史時代作家協会賞文庫シリーズ賞を受賞した著者の待望の新シリーズです。

草加冬吾は、手習い所・雀堂の師匠として子らに読み書きを教えている。ある日、深川で料理茶屋の手代が殺された。冬吾の兄で与力の紀一郎はさっそく科人を追うが、冬吾も町暮らしの身軽さを活かし聞き込みを手伝うことに。一方、彼は兄との関係に複雑な思いを抱えていた。二人は双子であり、それゆえ弟の冬吾は世間から隠されるようにして生きてきたのだ――。わだかまりに向き合いながら互いに助け合う、江戸の家族の物語。

(『すずめのお師匠 身代わり与力捕物帖』(角川文庫)Amazonの内容紹介より)

与力の兄と手習所師匠の弟。
出自に秘密を抱えた兄弟を描く、文庫書き下ろし時代小説シリーズの始まりです。
タイトルと装画(田尻真弓さん)だけでも、大いにそそられます。

時代小説●2024年4月下旬の新刊情報(文庫)
時代小説●文庫新刊情報|2024年4月下旬の新刊(21日→月末) 2024年4月21日から4月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。 新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →新刊情報リス...

■今回ご紹介した本




氷月葵|時代小説ガイド
氷月葵|ひづきあおい|時代小説・作家 東京都生まれ。出版社勤務などを経てフリーライターとして活躍。 2006年、井水伶名義で「師団坂・六〇」で第4回北区内田康夫ミステリー文学賞大賞を受賞 2022年、「御庭番の二代目」シリーズ、「神田のっぴ...