「2021年10月中旬の新刊(文庫)」をアップ

『すみれ飴 花暦 居酒屋ぜんや』|坂井希久子|時代小説文庫

すみれ飴 花暦 居酒屋ぜんや2021年10月11日から10月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年10月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今回は、坂井希久子さんの、人情料理小説、『すみれ飴 花暦 居酒屋ぜんや』(時代小説文庫)を取り上げてみました。

「それは、そのうちね」お妙がにっこり笑う。
お花が「料理を教えて」というと、お妙はきまってそう有耶無耶にしてしまうのだ。
養い子のお花は、引き取ってくれた只次郎とお妙の役に立ちたいだけなのに──。
一方、かつてお妙と只次郎の世話になった薬問屋「俵屋」の小僧・熊吉は十八歳になり、手代へと昇進していた。
出世頭には違いないが、小僧とは距離ができ、年嵩には疎まれ、心労で胃が痛む……。
蕗の薹の芥子和え、タラの芽の天麩羅、ホクホク枸杞飯、そしてふわふわの鰻づくし!
彩り豊かな料理と共に、若い二人の成長を瑞々しく描く傑作人情時代小説、新装開店です!
(『すみれ飴 花暦 居酒屋ぜんや (時代小説文庫)』Amazonの内容紹介より)

前巻『さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや』で、訳ありの居酒屋の美人女将お妙と、小旗本の次男坊林只次郎の身分違いの恋の行方が描かれていました。

第2シーズンの始まりとなる本書では、気になるその後が描かれます。

只次郎とお妙と一緒に暮らすことになったお花と、小僧から手代へ昇進した熊吉の若い二人の成長ぶりに目を瞠らされますが、お妙の作る美味しい料理と新たに紡がれる人情話が大いに気になるところです。

文庫●2021年10月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年10月中旬の新刊(11日→20日) 2021年10月11日から10月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張...

■Amazon.co.jp
『すみれ飴 花暦 居酒屋ぜんや』(坂井希久子・時代小説文庫)
『ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや』(坂井希久子・時代小説文庫)(第1作)
『さらさら鰹茶漬け 居酒屋ぜんや』(坂井希久子・時代小説文庫)(第10作)

坂井希久子|時代小説ガイド
坂井希久子|さかいきくこ|作家 1977年、和歌山県生まれ。同志社女子大学学芸学部日本語日本文学科卒業。 2008年、「虫のいどころ」で第88回オール讀物新人賞を受賞。 2017年、『ほかほか蕗ご飯 居酒屋ぜんや』で第6回歴史時代作...