2021-11

スポンサーリンク
人物

政宗、秀吉、家康にも、大津波にも負けない東北の戦国武将

『奥州戦国に相馬奔る』|近衛龍春|実業之日本社文庫 近衛龍春さんの長編歴史小説、『奥州戦国に相馬奔る』(実業之日本社文庫)を紹介します。 福島県南相馬市で、毎年7月に、相馬野馬追(そうまのまおい)が行われます。約四百騎の甲冑に身を固めた...
ミステリー

荒木村重vs.黒田官兵衛、二人の武将の推理が戦国を動かす

『黒牢城』|米澤穂信|KADOKAWA 米澤穂信さんの長編歴史小説、『黒牢城(こくろうじょう)』(KADOKAWA)を紹介します。 これまで、戦国小説でも籠城ものは重苦しく感じて敬遠していましたが、豊臣二十万に包囲された小田原城を描...
2021.11.27
単行本

壮絶な三木城合戦戦の裏側にあった、ひたむきな生の物語

『もろびとの空 三木城合戦記』|天野純希|集英社 天野純希さんの長編歴史小説、『もろびとの空 三木城合戦記』(集英社)を紹介します。 戦国の三木城というと、別所長治が信長に叛旗を翻した末に、羽柴秀吉の兵糧攻め、「三木の干し殺し」によ...
2021.11.26
単行本

鎌倉殿の時代に、執権北条義時が一人勝ちできた理由とは

『執権義時に消された13人―闘争と粛清で読む「承久の乱」前史』|榎本秋|ウェッジ 作家で文芸評論家、出版プロデューサーの榎本秋(えのもとあき)さんの歴史読み物、『執権義時に消された13人―闘争と粛清で読む「承久の乱」前史』(ウェッジ)をご...
2021.11.25
お気に入り

観光地に出現した落ち武者の亡霊に、元SISの駐在が挑む

『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎II 聖域』|鳴神響一|ハルキ文庫 鳴神響一(なるかみきょういち)さんの文庫書き下ろし警察小説、『SIS 丹沢湖駐在 武田晴虎II 聖域』(ハルキ文庫)をご恵贈いただきました。 誘拐・人質救出のプロであ...
2022.05.14