「2021年4月中旬の新刊(文庫)」をアップ

『本懐 武士の覚悟』|上田秀人|光文社文庫

本懐 武士の覚悟2021年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年4月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、上田秀人さんの短編時代小説集、『本懐 武士の覚悟』(光文社文庫)を取り上げてみました。

討ち入りを果たし、主君の仇を討ったと礼賛された赤穂浪士。赤穂浪士を率いた元浅野家筆頭家老の大石内蔵助が切腹の直前に漏らしたのは意外な心中だった――(「子想い腹」)。織田信長、西郷隆盛、今川義元ほか、「本懐」を目前にして壮絶な最期を遂げた六人それぞれの「最期の本心」とは何だったのか――。いまもっとも勢いのある著者渾身の作品が、待望の文庫化。

(『本懐 武士の覚悟(光文社文庫)』Amazonの内容紹介より)

「デジタル大辞泉」(小学館)によると、本懐(ほんかい)とは、もとから抱いている願い。本来の希望のことだそう。
本書は、本懐を遂げた(もしくは遂げられなかった)武士の“切腹の間際”を描いた六つの短編を収録しています。

「親心腹」大石内蔵助良雄
「応報腹」織田信長
「持替腹」狩野融川
「漸く腹」堀長門守直虎
「漸く腹」西郷隆盛
「不切腹」今川義元

彼らの本懐とは何だったのでしょうか?

狩野融川(かのうゆうせん)は、江戸時代後期に奥絵師となった浜町狩野家の当主。
堀直虎(ほりなおとら)は、幕末に若年寄、外国総奉行をつとめた、信濃国須坂藩藩主。その事績を知らなかったので、本書で学びたいと思います。

上田秀人さんの新刊では、徳間文庫から、『禁裏付雅帳十二 継争』も刊行されます。シリーズ完結編ということでその結末も気になります。

文庫●2021年4月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年4月中旬の新刊(11日→20日) 2021年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張ってい...

■Amazon.co.jp
『本懐 武士の覚悟』(上田秀人・光文社文庫)
『禁裏付雅帳十二 継争』(上田秀人・徳間文庫)

上田秀人|時代小説リスト
上田秀人|うえだひでと|時代小説・作家 1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒。 1997年、「身代わり吉右衛門」で、小説CLUB新人賞佳作受賞。 2009年、2014年、「奥右筆秘帳」シリーズで、『この時代小説がすごい!』文庫書き下...