文庫●2021年4月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年4月中旬の新刊(11日→20日)

2021年4月11日から4月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

今月は、光文社文庫の新刊に注目しています。

上田秀人さんの『本懐 武士の覚悟』
大石内蔵助、織田信長、西郷隆盛、今川義元ほか「本懐」を目前にして壮絶な最期を遂げた六人それぞれの「最期の本心」を描く、短編集。

西條奈加さんの『無暁の鈴』
貧困、天災、疫病、飢餓、困難な状況の元、生きるためにあがき続けた一人の男・無暁。その波瀾万丈の生涯を描く時代小説。

徳間文庫から、上田秀人さんの『禁裏付雅帳十二 継争』が出ます。
幕府の走狗として京に赴き、朝廷の弱みを探る密命をこなしてきた禁裏付の東城鷹矢。不毛な争いに終止符を打つため、老中首座松平定信と対峙。シリーズ最終巻。

講談社文庫の新刊も楽しみです。

佐藤雅美さんの『敵討ちか主殺しか 物書同心居眠り紋蔵(十五)』
評判の医師の悩みの種は、自分の許に通ってくる弟子と一人娘のことでした。南町奉行所の窓ぎわ同心の藤木紋蔵は、今日もまた難事件に奔走します。表題作含む8編収録の人情小説。

千野隆司さんの『銘酒の真贋 下り酒一番(五)』
先代がご法度とした商売に手を染め、借金に追われる分家を立て直すよう命じられた卯吉は……。酒×江戸が人気シリーズ第5弾。

双葉文庫の新刊に心惹かれます。

芝村凉也さんの『春の雪 北の御番所 反骨日録』
用部屋手附同心の裄沢広二郎は、幼馴染みの定廻り同心・来合轟次郎から理屈屋と揶揄されながらも、轟次郎が手掛けている調べの相談に乗ったりします。北町奉行所の面々の日常と活躍を描く新シリーズ。

※『北の御番所検使書留帳(1)-春の雪』より『春の雪 北の御番所 反骨日録』に修正(2021/04/18)。

鳴神響一さんの『おんな与力 花房英之介【二】』
女の身でありながら、五年前に死んだ双子の兄の身代わりとして、与力花房英之介として生きる志乃。幼馴染みで友の無実を信じて、悪の端緒をつかむため吉原遊廓へ潜ります。待望の第2弾。

時代小説文庫の、櫻部由美子さんの『くら姫 出直し神社たね銭貸し』が大いに気になります。
人生を仕切り直したいと願う人々が訪れる、下谷の出直し神社〉。神社を守るのは、うしろ戸の婆と呼ばれる老女と、手伝いをすることになった十六歳の娘おけい。素敵な物語が綴られる予感。

祥伝社文庫からは、岩室忍さんの『初代北町奉行 米津勘兵衛 弦月の帥』が出ます。
『信長の軍師』シリーズの著者が江戸時代小説に挑戦。家康直々の命で初代北町奉行に任じられた米津勘兵衛を主人公に、江戸創成期を舞台にした捕物帳です。

吉川永青さんの『闘鬼 斎藤一』集英社文庫から刊行されます。
新選組三番組組長として、数々の事件に関わった斎藤一。激動の幕末を生き抜き、明治の世まで命をつないだその生き様を鮮烈に描き出す歴史時代小説です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●4月12日発売 コスミック出版・コスミック・時代文庫
『最強同心 剣之介 まぼろしの梅花』早見俊『最強同心 剣之介 まぼろしの梅花』
『天保艶犯科帖 天女の錦絵』八神淳一『天保艶犯科帖 天女の錦絵』
『殿さま浪人 幸四郎 刺客の夏』聖龍人『殿さま浪人 幸四郎 刺客の夏』
『三四郎拝領剣 藩主暗殺を阻止せよ』藤村与一郎『三四郎拝領剣 藩主暗殺を阻止せよ』
『お毒見役みだら帖 淫法お庭番』睦月影郎『お毒見役みだら帖 淫法お庭番』
●4月12日発売 筑摩書房・ちくま学芸文庫
『近代日本思想選 福沢諭吉』福沢諭吉『近代日本思想選 福沢諭吉』
『民俗地名語彙事典』松永美吉『民俗地名語彙事典』
●4月12日発売 筑摩書房・ちくま文庫
『おれたちと大砲』井上ひさし『おれたちと大砲』
●4月13日発売 河出書房新社・KAWADE夢文庫
『食は世界の歴史をどう変えたか』玉造潤『食は世界の歴史をどう変えたか』
●4月13日発売 光文社・光文社文庫
『本懐 武士の覚悟』
→記事:「2021年4月中旬の新刊(文庫)」をアップ
上田秀人『本懐 武士の覚悟』
『無暁の鈴』西條奈加『無暁の鈴』
『親子の絆 決定版 研ぎ師人情始末(十)』稲葉稔『親子の絆 決定版 研ぎ師人情始末(十)』
●4月14日発売 徳間書店・徳間文庫
『禁裏付雅帳十二 継争』上田秀人『禁裏付雅帳十二 継争』
●4月15日発売 講談社・講談社学術文庫
『中国の歴史10 ラストエンペラーと近代中国 清末 中華民国』菊池秀明『中国の歴史10 ラストエンペラーと近代中国 清末 中華民国』
『一外交官の見た明治維新』アーネスト・メイスン・サトウ『一外交官の見た明治維新』
『古典について』吉川幸次郎『古典について』
●4月15日発売 講談社・講談社文庫
『敵討ちか主殺しか 物書同心居眠り紋蔵(十五)』佐藤雅美『敵討ちか主殺しか 物書同心居眠り紋蔵(十五)』
『銘酒の真贋 下り酒一番(五)』千野隆司『銘酒の真贋 下り酒一番(五)』
●4月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『しあわせ大根 一膳めし屋丸九(五)』中島久枝『しあわせ大根 一膳めし屋丸九(五)』
『新・里見八犬伝(上)』鎌田敏夫『新・里見八犬伝(上)』
『新・里見八犬伝(下)』鎌田敏夫『新・里見八犬伝(下)』
『くら姫 出直し神社たね銭貸し』
→記事:人生はきっとやり直せる。ハートフル時代ミステリー
櫻部由美子『くら姫 出直し神社たね銭貸し』
●4月15日発売 双葉社・双葉文庫
『はぐれ長屋の用心棒(51)-鬼神の叫び』鳥羽亮『はぐれ長屋の用心棒(51)-鬼神の叫び』
『おんな与力 花房英之介【二】』
→記事:おんな与力は辰巳芸者姿で探索し、女武芸者姿で悪と戦う
鳴神響一『おんな与力 花房英之介【二】』
『春の雪 北の御番所 反骨日録』
→記事:上役にへつらわない、反骨同心を描く、刮目の「奉行所小説」
芝村凉也『春の雪 北の御番所 反骨日録』
『藍染袴お匙帖(13)-色なき風』
→記事:江戸の女医千鶴は、病の人を救い、悩みも抱える人の心も癒す
藤原緋沙子『藍染袴お匙帖(13)-色なき風』
『古典について』吉川幸次郎『古典について』
『15分のお江戸コメディ ことわざ時代劇』瀬尾英男『15分のお江戸コメディ ことわざ時代劇』
『家請人克次事件帖(3)-春告げ鳥 〈新装版〉』築山桂『家請人克次事件帖(3)-春告げ鳥 〈新装版〉』
●4月16日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『鳶 新・戻り舟同心』長谷川卓『鳶 新・戻り舟同心』
『寝ず身の子 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『寝ず身の子 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『初代北町奉行 米津勘兵衛 弦月の帥』
→記事:家康の信任が厚い、初代北町奉行米津勘兵衛の捕物始め
岩室忍『初代北町奉行 米津勘兵衛 弦月の帥』
『源平妖乱 鬼夜行』武内涼『源平妖乱 鬼夜行』
●4月16日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『文蔵2021.5』
→記事:『文蔵2021.5』ブックガイドは、私を元気にする「食と小説」
文蔵編集部編『文蔵2021.5』
●4月20日発売 集英社・集英社文庫
『和三郎江戸修行 激烈』高橋三千綱『和三郎江戸修行 激烈』
『闘鬼 斎藤一』吉川永青『闘鬼 斎藤一』
●4月20日発売 彩図社
『最新研究でここまでわかった 日本史 通説のウソ』日本史の謎検証委員会編『最新研究でここまでわかった 日本史 通説のウソ』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年4月の新刊 上(1日→10日)2021年4月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2021年4月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年4月の新刊(1日→末日) 2021年4月1日から4月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...