文庫●2021年4月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年4月上旬の新刊(1日→10日)

2021年4月1日から4月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

文芸社から刊行される、白蔵盈太さんの『あの日、松の廊下で』が大いに気になります。
「忠臣蔵」の発端となった松の廊下刃傷事件の目撃者で、浅野内匠頭と吉良上野介の間に入った、旗本・梶川与惣兵衛を描いた、第三回歴史文芸賞最優秀賞受賞作品です。

文春文庫の新刊も注目作が勢ぞろいです。

佐伯泰英さんの『初詣で 照降町四季(一)』
傘や下駄問屋が多く集まる町・照降町に「鼻緒屋」の娘・佳乃を主役に描く、文庫書下ろし新作、全四巻の始まりです。四カ月連続刊行ということで楽しみが続きます。

葉室麟さんの『影ぞ恋しき 上・下』
京の郊外で暮らす咲弥と雨宮蔵人のもとに、信州高遠から密使が訪れました……。『いのちなりけり』『花や散るらん』に続く三部作最終巻です。

梶よう子さんの『赤い風』
徳川綱吉の寵臣で、川越藩主に就任した柳沢吉保は、村同士の争いで死人が出るに及び、争いをやめさせるため、武蔵野原野の開墾を命じました。大地に生きる人々を力強く描く長編小説です。

小学館文庫から出る、根津潤太郎さんの『看取り医 独庵』に食指が動きます。
浅草諏訪町で開業する独庵こと壬生玄宗は京と長崎で漢方と西洋医学を修めた、仙台藩の奥医師の息子。看取り医にして馬庭念流の遣い手・独庵が、悪を両断する痛快時代小説です。

今月は隔月刊のハヤカワ時代ミステリ文庫の刊行がある月です。
出水千春さんの『吉原美味草紙 人騒がせな蟹祭り』
江戸・吉原で一人前の料理人を目指すさくら。料理の師である竜次が直面した人生最大の困難に、さくらは心をこめた料理で助けになろうとします。シリーズ第三弾です。

倉本由布さんの『風待ちのふたり 薫と芽衣の事件帖』
歳の差の逢引き、姫君の犬の捜索、盗まれた富籤の行方など、岡っ引きの薫と下っ引きの芽衣の親友コンビが一緒に事件に挑む、シリーズ待望の第二弾です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●4月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『侍百人一首』紫闇陀寂『侍百人一首』
『三国志 蜀の軍師 諸葛亮 孔明』関戸孝則『三国志 蜀の軍師 諸葛亮 孔明』
『鳶の以蔵 深川異聞』行久彬『鳶の以蔵 深川異聞』
●4月1日発売 文芸社
『城の月 ―志賀親次と豊後・吉利支丹王国』悠木一雅『城の月 ―志賀親次と豊後・吉利支丹王国』
●4月2日発売 PHP研究所・PHP文庫
『最強の教訓! 日本史』河合敦『最強の教訓! 日本史』
●4月2日発売 日本経済新聞出版・日経ビジネス人文庫
『24の「神話」からよむ宗教』中村圭志『24の「神話」からよむ宗教』
●4月5日発売 草思社・草思社文庫
『図書館の興亡: 古代アレクサンドリアから現代まで』マシュー・バトルズ『図書館の興亡: 古代アレクサンドリアから現代まで』
『絵師の魂 渓斎英泉』増田晶文『絵師の魂 渓斎英泉』
●4月5日発売 文芸社
『あの日、松の廊下で』
→記事:何故、浅野内匠頭は吉良上野介を松の廊下で斬りつけたのか?
白蔵盈太『あの日、松の廊下で』
●4月6日発売 文藝春秋・文春文庫
『初詣で 照降町四季(一)』
→記事:「2021年4月上旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:三年ぶりに帰ってきた小町娘に、町は大騒ぎ。新シリーズ始動
佐伯泰英『初詣で 照降町四季(一)』
『武士の流儀(五)』稲葉稔『武士の流儀(五)』
『影ぞ恋しき 上』
→記事:雨宮蔵人と咲弥、愛と信念を胸に、再び天下の政争の渦中に
葉室麟『影ぞ恋しき 上』
『影ぞ恋しき 下』葉室麟『影ぞ恋しき 下』
『赤い風』
→記事:柳沢吉保が命じた武蔵野原野開拓に賭ける、若者たちのドラマ
梶よう子『赤い風』
●4月6日発売 文藝春秋・文春学藝ライブラリー
『義経の東アジア』小島毅『義経の東アジア』
●4月6日発売 小学館・小学館文庫
『菜種晴れ』山本一力『菜種晴れ』
『看取り医 独庵』
→記事:漢方、蘭方、そして剣法で、不治の病も流行り風邪も一刀両断
根津潤太郎『看取り医 独庵』
●4月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『軍隊マニュアルで読む日本近現代史 日本人はこうして戦場へ行った』一ノ瀬俊也『軍隊マニュアルで読む日本近現代史 日本人はこうして戦場へ行った』
『辰巳八景』山本一力『辰巳八景』
●4月8日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『雪見酒 居酒屋お夏 春夏秋冬』岡本さとる『雪見酒 居酒屋お夏 春夏秋冬』
●4月8日発売 幻冬舎・幻冬舎文庫
『心を励ます中国名言・名詩』河田聡美『心を励ます中国名言・名詩』
●4月8日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『お助け椀 人情料理わん屋』倉阪鬼一郎『お助け椀 人情料理わん屋』
『北町奉行所前腰掛け茶屋』吉田雄亮『北町奉行所前腰掛け茶屋』
●4月9日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『吉原美味草紙 人騒がせな蟹祭り』
→記事:女料理人さくら、美味しい料理で吉原妓楼の人々を解きほぐす
出水千春『吉原美味草紙 人騒がせな蟹祭り』
『風待ちのふたり 薫と芽衣の事件帖』
→記事:少女たちの悩みを解決!胸がキュンキュンする江戸少女捕物
倉本由布『風待ちのふたり 薫と芽衣の事件帖』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年3月の新刊 下(21日→月末)2021年4月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2021年4月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年4月の新刊(1日→末日) 2021年4月1日から4月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...