2023年時代小説SHOWベスト10、発表!

『文蔵2024.3』特集は、とにかくかわいい「猫小説」

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『文蔵2024.3』|PHP文芸文庫

『文蔵2024.3』『文蔵2024.3』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、時にミステリアスなのも魅力!? とにかくかわいい「猫小説」 です。

突然甘えてきたり、ふいに気まぐれになったり、猫は、人間から見るとミステリアスな存在。小説の世界でも人間たちと関わり合いながら、自由自在に活躍しています。

今月は、古典から感動作、ミステリーまで、愛すべき「猫小説」を特集しています。
インタビューは、『猫を処方いたします。』で第11回京都本大賞を受賞した石田祥さんと、「伝言猫」シリーズで注目される標野凪さん。

ライターで書評家の瀧井朝世さんが、猫が印象的な作品を20点紹介します。残念ながら、時代小説はありませんが、ちょっと気になる小説ばかりです。

文蔵

月刊文芸文庫「文蔵」のウェブサイト「WEB文蔵」を久しぶりにのぞいてみました。

海堂尊(かいどうたける)さんの『西鵬東鷲―洪庵と泰然』の連載が掲載されていました。
天然痘と戦った緒方洪庵と病院兼蘭医学塾「佐倉順天堂」を開設した佐藤泰然、二人の医の巨人を描いた歴史小説。
読み始めたら、面白くて途中で止められなくなりました。

■今回取り上げた本

「文蔵」編集部|バックナンバーガイド
「文蔵」編集部|ぶんぞうへんしゅうぶ PHP研究所が発行する、文庫版サイズの月刊の文芸誌。 創刊号は2005年10月号。 時代小説SHOW 投稿記事 『文蔵 2018.11』の特集は、初めて読む時代小説 2018年10月17日 『文蔵 20...