「2021年7月中旬の新刊(文庫)」をアップ

『寒月に立つ 風の市兵衛 弐』|辻堂魁|祥伝社文庫

寒月に立つ 風の市兵衛 弐2021年7月11日から7月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2021年7月中旬の新刊(文庫)」を掲載しました。

今回は、辻堂魁さんの文庫書き下ろし時代小説、『寒月に立つ 風の市兵衛 弐』(祥伝社文庫)を取り上げてみました。

返弥陀ノ介が瀕死の重傷を負った。公儀十人目付筆頭片岡信正の命による、越後津坂藩内偵の最中だった。津坂藩は譜代ながら跡継騒動を抱え、その陰に見え隠れする御用商人の不審な噂が絶えなかった。公儀としても政情の不安は見逃せず、信正は唐木市兵衛に引き続きの探索を託した。友の惨劇に市兵衛は、仇を討たんがため潜入するも、意表を突く敵の罠が……。

(『寒月に立つ 風の市兵衛 弐 (祥伝社文庫)』Amazonの内容紹介より)

「風の市兵衛」シリーズの最新刊は、公儀筆頭目付をつとめる片岡信正の配下の小人目付返弥陀ノ介が、瀕死の重傷を負うというショッキングな設定。

信正は市兵衛の異母兄で、兄弟仲は悪くありませんが、惨劇に遭った友の代わりとはいえ、兄のために内偵の仕事をするのはシリーズでも初めてかも。

爽快な市兵衛の活躍と涙腺がじわっとゆるむ展開、心地よい辻堂節を楽しみにしています。、

東京は、4度目の緊急事態宣言が発令されましたが、今回も外出を控え、大好きな時代小説を読んで家で過ごしたいと思います。

今月も楽しみな新刊が多数発行されます。

文庫●2021年7月中旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年7月中旬の新刊(11日→20日) 2021年7月11日から7月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張ってい...

■Amazon.co.jp
『寒月に立つ 風の市兵衛 弐』(辻堂魁・祥伝社文庫)

辻堂魁|時代小説リスト
辻堂魁|つじどうかい 1948年、高知県生まれ。早稲田大学文学部卒業。 2016年、『風の市兵衛』シリーズで第5回歴史時代作家クラブ賞シリーズ賞受賞。 ■時代小説SHOW 投稿記事 ...