文庫●2021年7月中旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年7月中旬の新刊(11日→20日)

2021年7月11日から7月20日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

光文社文庫の新刊では、上田秀人さんの『術策 惣目付臨検仕る(二)』
惣目付となった水城聡四郎の前に現れた「敵」とは? 。標的は、老中でさえも一目置く奥右筆。さっそく動きだした聡四郎に、江戸城内では冷たい視線が突き刺さります。
奥右筆をどのように描くか興味深いです。

祥伝社文庫から、辻堂魁さんの『寒月に立つ 風の市兵衛 弐』が出ます。
公儀十人目付筆頭片岡信正の命による、越後津坂藩内偵をしていた、返弥陀ノ介が瀕死の重傷を負いました。唐木市兵衛は、友に代わり、譜代の大名家の跡継ぎをめぐる騒動の渦中に……。

梶よう子さんの『父子ゆえ 摺師安次郎人情暦』が<時代小説文庫から刊行されます。
『いろあわせ』に続く、「摺師安次郎人情暦」の第2作。女房のお初に先立たれ、子の信太をお初の実家に預けながらも、一流の職人として様々な浮世絵を摺く、摺師の安次郎を描く、人情時代小説。

双葉文庫の新刊も気になります。

千野隆司さんの『おれは一万石(17)-金の鰯』
慢性的な藩財政難に頭を悩ます正紀は、鰯を加工した肥料である〆粕の相場で儲けを出そうと目論みます。しかし、銚子の干鰯〆粕魚油問屋と高岡藩先代藩主の意外な関係を知り――。

馳月基矢さんの『拙者、妹がおりまして(2)』
おなごばかりを狙う女盗賊が現れました。岡っ引きの山蔵親分の必死の探索もむなしく、なかなか尻尾がつかめません。業を煮やした山蔵から、千紘におとりになってほしいと頼まれますが、勇実は心配でたまりません。勇実と千紘の兄妹を中心に描く青春時代小説第2弾。

今月は、集英社文庫の新刊が楽しみです。

小路幸也さんの『隠れの子 東京バンドワゴン零』
江戸で子守をして暮らしている少女・るうと同心の堀田州次郎は、ともに「隠れ」と呼ばれる力を持っていました。下町の古本屋「東京バンドワゴン」を舞台にしたホームドラマの江戸版。

山田裕樹さん編集による、『智に働けば 石田三成像に迫る十の短編』
「日本一の嫌われ者」と言われ、近年は再評価もされる石田三成とは、いかなる人物だったのでしょうか。名編集者のセレクションによる十人の実力派作家がその素顔に迫る、時代小説アンソロジー。錚々たる歴史時代小説作家に並んで、中島らもさんの名前がキラリと光ります。

植松三十里さんの『徳川最後の将軍 慶喜の本心』
水戸藩慶喜は御三卿一橋家の養子となり、将軍後継争いに巻き込まれるが拒みます。斉昭に従い国は守りたいが……。書き下ろし歴史小説。大河ドラマ「青天を衝け」で今、注目される慶喜の素顔に迫ります。

角川文庫から、出水千春さんの『ふるさと美味旅籠 きららご飯と猫またぎ』
品川の小さな旅籠「虎屋」のひとり娘・明日葉は、閑古鳥が鳴く店を盛り立てようと奮闘していました。ある日、飼い猫のお駒が隣の旅籠の主が大切にしていた砂絵を台無しにする騒動が……。心温まる料理と猫が紡ぐ、書き下ろし時代小説。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●7月12日発売 東京創元社・創元推理文庫
『星砕きの娘』松葉屋なつみ『星砕きの娘』
●7月13日発売 光文社・光文社文庫
『結ぶ縁 父子十手捕物日記』鈴木英治『結ぶ縁 父子十手捕物日記』
『古着屋紅堂 よろづ相談承ります(三)  都忘れ』玖神サエ『古着屋紅堂 よろづ相談承ります(三)  都忘れ』
『修禅寺物語 新装増補版』岡本綺堂『修禅寺物語 新装増補版』
『術策 惣目付臨検仕る(二)』上田秀人『術策 惣目付臨検仕る(二)』
『情義の訴 吟味方与力 望月城之進(三)』小杉健治『情義の訴 吟味方与力 望月城之進(三)』
『追慕 隠密船頭(七)』稲葉稔『追慕 隠密船頭(七)』
●7月14日発売 祥伝社・祥伝社黄金文庫
『しなやかにたくましく生きた なでしこたちの日本史』白駒妃登美『しなやかにたくましく生きた なでしこたちの日本史』
●7月14日発売 祥伝社・祥伝社文庫
『寒月に立つ 風の市兵衛 弐』
→記事:「2021年7月中旬の新刊(文庫)」をアップ
辻堂魁『寒月に立つ 風の市兵衛 弐』
『鼠子待の恋 風烈廻り与力・青柳剣一郎』小杉健治『鼠子待の恋 風烈廻り与力・青柳剣一郎』
『柳生七星剣』長谷川卓『柳生七星剣』
●7月15日発売 双葉社・双葉文庫
『おれは一万石(17)-金の鰯』
→記事:金欠高岡藩に先代藩主登場! 鰯の不漁と〆粕をめぐる大騒動
千野隆司『おれは一万石(17)-金の鰯』
『照れ降れ長屋風聞帖〈十四〉-盆の雨〈<新装版〉』坂岡真『照れ降れ長屋風聞帖〈十四〉-盆の雨〈<新装版〉』
『拙者、妹がおりまして(2)』
→記事:囮になって危険な女盗人退治。若者たちの恋の行方も気になる
馳月基矢『拙者、妹がおりまして(2)』
『浪人奉行 十一ノ巻』稲葉稔『浪人奉行 十一ノ巻』
●7月15日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『神様の果物 江戸菓子舗照月堂』篠綾子『神様の果物 江戸菓子舗照月堂』
『父子ゆえ 摺師安次郎人情暦』梶よう子『父子ゆえ 摺師安次郎人情暦』
●7月15日発売 講談社・講談社学術文庫
『ヨーロッパ中世の社会史』増田四郎『ヨーロッパ中世の社会史』
『阿蘭陀通詞』片桐一男『阿蘭陀通詞』
『世界の神話入門』呉茂一『世界の神話入門』
●7月15日発売 講談社・講談社文庫
『ありんす国の料理人 1』神楽坂淳『ありんす国の料理人 1』
『マンガ 孫子・韓非子の思想』蔡忠『マンガ 孫子・韓非子の思想』
『八丁堀の忍(五) 討伐隊、動く』倉阪鬼一郎『八丁堀の忍(五) 討伐隊、動く』
●7月15日発売 集英社・集英社文庫
『暗夜鬼譚 空蝉挽歌〈中〉』瀬川貴次
『隠れの子 東京バンドワゴン零』小路幸也『隠れの子 東京バンドワゴン零』
『鏡のなかのアジア』谷崎由依『鏡のなかのアジア』
『智に働けば 石田三成像に迫る十の短編』山田裕樹、中島らも他『智に働けば 石田三成像に迫る十の短編』
『徳川最後の将軍 慶喜の本心』
→記事:未曾有の国難に直面した最後の将軍を描く、新解釈の歴史小説
植松三十里『徳川最後の将軍 慶喜の本心』
●7月16日発売 KADOKAWA・角川ソフィア文庫
『戦国関東覇権史 北条氏康の家臣団』黒田基樹『戦国関東覇権史 北条氏康の家臣団』
『日蓮の手紙 ビギナーズ 日本の思想』日蓮『日蓮の手紙 ビギナーズ 日本の思想』
●7月16日発売 KADOKAWA・角川文庫
『ふるさと美味旅籠 きららご飯と猫またぎ』出水千春『ふるさと美味旅籠 きららご飯と猫またぎ』
『計略の猫 新・大江戸定年組』風野真知雄『計略の猫 新・大江戸定年組』
『彩雲国物語 十三、黎明に琥珀はきらめく』雪乃紗衣『彩雲国物語 十三、黎明に琥珀はきらめく』
●7月19日発売 三笠書房・知的生きかた文庫
『読めば心が熱くなる! 中国古典100話』山口謠司『読めば心が熱くなる! 中国古典100話』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年7月の新刊 上(1日→10日)2021年7月の新刊 下(21日→月末) →

単行本★2021年7月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年7月の新刊(1日→末日) 2021年7月1日から7月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...