文庫●2021年7月下旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年7月下旬の新刊(21日→月末)

2021年7月21日から7月末日の間に文庫で出る時代小説の新刊情報です。
新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

オリンピック開催が間近に迫り、祝日があったり、物流に影響があったり、国民の関心がスポーツに向かうということを考慮してのことでしょうか。

今回は、出版点数が少なめです。

二見時代小説文庫から出る、瓜生颯太さんの『罷免家老 世直し帖1 傘張り剣客』に目が留まりました。

若き藩主に罷免された家老が市井で暮らしながらも、陰で罷免された御家を支え、市井の悪党をも退治するという痛快書き下ろし時代小説シリーズの第1弾です。

新人作家なのか、現役作家の別名義なのか、著者のプロフィールがまったくわかりませんが、気になります。

新潮文庫から、宇能鴻一郎さんの『姫君を喰う話 宇能鴻一郎傑作短編集』が刊行されます。

著者は、1962年、『鯨神』で第46回芥川賞受賞し、その後官能小説で昭和の時代に活躍した作家。「姫君を喰う話」はポルノ小説に転身する前の王朝もので、この機会に読んでみたいと思います。

中公文庫谷崎潤一郎さんの『少将滋幹の母 他三篇』とともに、新作時代小説の刊行の少ない時だからこそ、手に取ってみたい作品です。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●7月21日発売 中央公論新社・中公文庫
『少将滋幹の母 他三篇』谷崎潤一郎『少将滋幹の母 他三篇』
『新装版 マンガ日本の歴史16-大開発時代と忠臣蔵』石ノ森章太郎『新装版 マンガ日本の歴史16-大開発時代と忠臣蔵』
『徳川思想小史』源了圓『徳川思想小史』
●7月26日発売 二見書房・二見時代小説文庫
『たわけ大名 古来稀なる大目付3』藤水名子『たわけ大名 古来稀なる大目付3』
『千石の誇り 本丸 目付部屋9』藤木桂『千石の誇り 本丸 目付部屋9』
『罷免家老 世直し帖1 傘張り剣客』
→記事:「2021年7月下旬の新刊(文庫)」をアップ
瓜生颯太『罷免家老 世直し帖1 傘張り剣客』
●7月28日発売 新潮社・新潮文庫
『姫君を喰う話 宇能鴻一郎傑作短編集』宇能鴻一郎『姫君を喰う話 宇能鴻一郎傑作短編集』
●7月28日発売 幻冬舎
『歴史巡礼 退職後のライフワークとして』尾木公『歴史巡礼 退職後のライフワークとして』
●7月30日発売 三笠書房・王様文庫
『眠れないほどおもしろい平家物語』板野博行『眠れないほどおもしろい平家物語』
●7月31日発売 PHP研究所・PHP文庫
『お金の流れで見る戦国時代』大村大次郎『お金の流れで見る戦国時代』
『現代への教訓! 世界史』神野正史『現代への教訓! 世界史』
『覇権帝国の世界史』佐藤賢一『覇権帝国の世界史』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年7月の新刊 中(11日→20日)2021年8月の新刊 上(1日→10日) →

単行本★2021年7月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年7月の新刊(1日→末日) 2021年7月1日から7月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...