文庫●2021年8月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2021年8月上旬の新刊(1日→10日)

2021年8月1日から8月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

コロナウイルスの変異株の感染急拡大のなか、お出かけは減らして、読書三昧はいかがでしょうか。
今回は、お盆休み前の新刊ラッシュと重なり、面白そうな時代小説が多数刊行されます。
文芸社から出る、伊原勇一さんの『明治画鬼草紙』に注目しています。
画鬼と呼ばれた奇想の絵師河鍋暁斎が四つの怪事件に遭遇。歴史上の人物も巻きこんで、物語は展開していきます。
著者は、『鈴木春信 あけぼの冊子』(竹里十郎名義)で、郁朋社歴史文学振興会が主催する、第21回歴史浪漫文学賞創作部門優秀賞を受賞。

文春文庫の新刊も要チェックです。

大島真寿美さんの『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』。「妹背山婦女庭訓」を産んだ浄瑠璃作家近松半二の生涯を、その物語世界を交えて描いた芸術小説。第161回直木賞&第7回高校生直木賞受賞作。

風野真知雄さんの『耳袋秘帖 南町奉行と大凶寺』
墓を作れば化けて出る、檀家は次々に落ち目となり、おみくじを引けば大凶ばかりの深川・題経寺。その噂を小耳にはさんだ南町奉行・根岸肥前守は……。「耳袋秘帖」の最新シリーズ発進。

幻冬舎時代小説文庫からは、織田信長をテーマに、実力派歴史作家の天野純希さんと木下昌輝さんが競演する、新刊2冊が刊行されます。

天野純希さんの『信長、天が誅する』は、信長打倒を誓う、五人の人生を通して、信長の真の姿を描き出しています。

木下昌輝さんの『信長、天を堕とす』は、敵将への妬心、家臣に対する猜疑心、消えない自己不信……。新発想で天下布武を目指した英傑を描いた時代エンターテインメント。

双葉文庫の新刊も楽しみでなりません。

千野隆司さんの『おれは一万石(18)-大殿の顔』

前作『金の鰯』で華々しく登場した、高岡藩先代藩主井上正森。卑劣な敵が仕掛けた藩の窮地に、世子の正紀と再び共闘します。

芝村凉也さんの『北の御番所 反骨日録【二】-雷鳴』
上役にも臆せず噛みつく用部屋手附同心裄沢広二郎と北町奉行所の面々の日常と活躍を描くシリーズの待望の第2弾。無礼打ちされた家族の無念に、裄沢は陰ながら助力をしようとするが……。

PHP文芸文庫から出る『いやし 〈医療〉時代小説傑作選』は、文芸評論家の細谷正充さんのセレクションによる時代小説アンソロジー。
医者、歯医者、小児医、産婦人医……江戸の名医たちの戦いと葛藤を描いています。
知野みさきさんの書き下ろし作品「仇持ち」も収録。

光文社文庫の新刊も要チェック。

伊東潤さんの『男たちの船出 千石船佐渡海峡突破』
江戸初期、瀬戸内の船大工父子は、日の本初の千石船造りに命懸けで挑みますが、海は凄まじい力でその挑戦を打ち砕きます。男たちの挑戦を描いた長編小説。
海洋時代小説で、荒波で知られる日本海が舞台になることは少ないように思います。

坂岡真さんの『番士 鬼役伝』
大人気「鬼役」の原点といえるシリーズ開幕。江戸城の門を守る持組番士の伊吹求馬。父の死を乗り越え、幾多の困難を乗り越えた先に待っていたものとは……。

小学館文庫の新刊も楽しみです。

上田秀人さんの『勘定侍 柳生真剣勝負〈四〉 洞察』
徳川将軍三代の今、武は百害あって一利なし。柳生藩勘定方の淡海一夜が知略と人脈、商魂を生かし、柳生家改易を企む敵と対決する、人気シリーズの第4弾。

金子成人さんの『初手柄 かぎ縄おりん』
父、嘉平治の跡を継ぎ目明かしとなったおりん。書画会を開くという売れない絵師の叔父が絵と金を騙し取られ、行方をくらましてしまいます。新米目明かしのおりんは、事件を解決できるのでしょうか。

ハヤカワ時代ミステリ文庫から、赤星あかりさんの『居酒屋こまりの恋々帖 おいしい願かけ』が出ます。
老齢の店主から居酒屋を継いだこまりは、小毬屋と名付け、酒と料理で客をもてなします。店には、身分問わず癖のある者ばかりが来て……。居酒屋が恋しくなる人情小説。

時代小説文庫の新刊も必読です。

高田郁さんの『あきない世傳 金と銀(十一) 風待ち篇』
「合流篇」や「淵泉篇」など川や水に関連したサブタイトルがついていた「あきない世傳 金と銀」。「風待ち篇」に込められたねらいは? 新展開が楽しみです。

宮本紀子さんの『雛のころ 小間もの丸藤看板姉妹(四)』
人情に厚い姉里久と小町娘の妹桃の、小間物商の看板姉妹が活躍する江戸少女小説の第4弾。おとないちあきさんの表紙装画も物語にピッタリで、胸キュンです。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●8月1日発売 文芸社
『明治画鬼草紙』伊原勇一『明治画鬼草紙』
●8月3日発売 日本経済新聞出版・日経ビジネス人文庫
『戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス』ローレンス・フリードマン『戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス』
『戦略の世界史(下) 戦争・政治・ビジネス』ローレンス・フリードマン『戦略の世界史(上) 戦争・政治・ビジネス』
『孫子に経営を読む』伊丹敬之『孫子に経営を読む』
●8月3日発売 文藝春秋・文春学藝ライブラリー
『公爵家の娘 岩倉靖子とある時代』浅見雅男『公爵家の娘 岩倉靖子とある時代』
●8月3日発売 文藝春秋・文春文庫
『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』
→記事:「2021年8月上旬の新刊(文庫)」をアップ
大島真寿美『渦 妹背山婦女庭訓 魂結び』
『残り香 新・秋山久蔵御用控(十一)』藤井邦夫『残り香 新・秋山久蔵御用控(十一)』
『耳袋秘帖 南町奉行と大凶寺』風野真知雄『耳袋秘帖 南町奉行と大凶寺』
『声なき蝉 上 空也十番勝負(一)決定版』佐伯泰英『声なき蝉 上 空也十番勝負(一)決定版』
『声なき蝉 下 空也十番勝負(一)決定版』佐伯泰英『声なき蝉 下 空也十番勝負(一)決定版』
『牧水の恋』俵万智『牧水の恋』
●8月4日発売 草思社・草思社文庫
『江戸・明治 百姓たちの山争い裁判』渡辺尚志『江戸・明治 百姓たちの山争い裁判』
『南蛮幻想 上: ユリシーズ伝説と安土城』井上章一『南蛮幻想 上: ユリシーズ伝説と安土城』
『南蛮幻想 下: ユリシーズ伝説と安土城』井上章一『南蛮幻想 下: ユリシーズ伝説と安土城』
●8月5日発売 河出書房新社・河出文庫
『明治維新 偽りの革命: 教科書から消された真実』森田健司『明治維新 偽りの革命: 教科書から消された真実』
●8月5日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『黄金海流(上)』安部龍太郎『黄金海流(上)』
『黄金海流(下)』安部龍太郎『黄金海流(下)』
『信長、天が誅する』天野純希『信長、天が誅する』
『信長、天を堕とす』木下昌輝『信長、天を堕とす』
『豆腐尽くし 居酒屋お夏 春夏秋冬』岡本さとる『豆腐尽くし 居酒屋お夏 春夏秋冬』
●8月5日発売 双葉社・双葉文庫
『おれは一万石(18)-大殿の顔』
→記事:隠居した大殿の面が割れたら、藩消滅!?高岡藩に新たな危機
千野隆司『おれは一万石(18)-大殿の顔』
『はぐれ長屋の用心棒(52)-のっとり藤兵衛』鳥羽亮『はぐれ長屋の用心棒(52)-のっとり藤兵衛』
『若さま同心 徳川竜之助【五】-秘剣封印 〈新装版〉』風野真知雄『若さま同心 徳川竜之助【五】-秘剣封印 〈新装版〉』
『照れ降れ長屋風聞帖【十五】-龍の角凧 〈新装版〉』坂岡真『照れ降れ長屋風聞帖【十五】-龍の角凧 〈新装版〉』
『北の御番所 反骨日録【二】-雷鳴』
→記事:町奉行の秘書官補佐役が活躍する、リアルで痛快な奉行所小説
芝村凉也『北の御番所 反骨日録【二】-雷鳴』
『盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ(4)』小早川真寛『盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ(4)』
『蘭方医・宇津木新吾(13)-恐喝』小杉健治『蘭方医・宇津木新吾(13)-恐喝』
●8月6日発売 PHP研究所・PHP文芸文庫
『いやし 〈医療〉時代小説傑作選』細谷正充編『いやし 〈医療〉時代小説傑作選』
●8月6日発売 河出書房新社・河出文庫
『ギケイキ2: 奈落への飛翔』町田康『ギケイキ2: 奈落への飛翔』
●8月6日発売 光文社・光文社古典新訳文庫
『今昔物語集』作者未詳『今昔物語集』
●8月6日発売 光文社・光文社文庫
『あしたの星 日本橋牡丹堂菓子ばなし(八)』中島久枝『あしたの星 日本橋牡丹堂菓子ばなし(八)』
『こおろぎ橋 決定版 研ぎ師人情始末(十二)』稲葉稔『こおろぎ橋 決定版 研ぎ師人情始末(十二)』
『男たちの船出 千石船佐渡海峡突破』伊東潤『男たちの船出 千石船佐渡海峡突破』
『番士 鬼役伝』坂岡真『番士 鬼役伝』
●8月6日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『女忍び 明智光秀くノ一帖』早見俊『女忍び 明智光秀くノ一帖』
『北町奉行所前腰掛け茶屋 片時雨』吉田雄亮『北町奉行所前腰掛け茶屋 片時雨』
●8月6日発売 小学館・小学館文庫
『勘定侍 柳生真剣勝負〈四〉 洞察』上田秀人『勘定侍 柳生真剣勝負〈四〉 洞察』
『初手柄 かぎ縄おりん』金子成人『初手柄 かぎ縄おりん』
『蟲愛づる姫君 寵妃は恋に惑う』宮野美嘉『蟲愛づる姫君 寵妃は恋に惑う』
●8月6日発売 早川書房・ハヤカワ時代ミステリ文庫
『居酒屋こまりの恋々帖 おいしい願かけ』
→記事:若女将こまりの魅力爆発。酒と肴が恋しくなる人情居酒屋小説
赤星あかり『居酒屋こまりの恋々帖 おいしい願かけ』
●8月6日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『武士道的 一日一言』新渡戸稲造『武士道的 一日一言』
●8月8日発売 イースト・プレス・文庫ぎんが堂
『ゼロからわかる英雄伝説 古代中国編』かみゆ歴史編集部『ゼロからわかる英雄伝説 古代中国編』
●8月10日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『あきない世傳 金と銀(十一) 風待ち篇』高田郁『あきない世傳 金と銀(十一) 風待ち篇』
『雛のころ 小間もの丸藤看板姉妹(四)』宮本紀子『雛のころ 小間もの丸藤看板姉妹(四)』

↑ 新刊情報Topへ← 2021年7月の新刊 下(21日→月末)2021年8月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2021年8月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2021年8月の新刊(1日→末日) 2021年8月1日から8月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...