権力に媚びず、正義を貫く「武家の鑑」目付の活躍を描く

本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人藤木桂(ふじきかつら)さんの文庫書き下ろし時代小説、『本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人』(二見時代小説文庫)を入手しました。

「風の市兵衛」シリーズをはじめ、幕府の「目付」は時代小説に登場することは珍しくありません。しかし、定員十名の幕府の目付という役目そのものにスポットを当てた作品はこれまでにあまりありませんでした。

早朝、大名の行列と旗本の一行がお城近くで鉢合わせ、旗本方の中間がけがをしたのだが、手早い目付の差配で、事件は一件落着かと思われた。ところが、目付のでしゃばりととらえた大目付の、まだ年若い大名に対する逆恨みの仕打ちに、目付筆頭の妹尾十左衛門は異を唱える。さらに大目付のいかがわしい秘密が見えてきて……。

新参の目付は、江戸城本丸御殿の「柳之間」で、筆頭をはじめとした古参の目付ら全員を前にした就任式で、目付役を務めるうえでの心得書を声に出して読み上げたという。
その心得書の文言には、『仮令、老中の事たりとも、非曲あらば言上すべし』との一節があり、「権勢に屈服するな」ということ。

権力に媚びた「忖度」ばやりの風潮のなか、その活躍ぶりは一服の清涼剤になり、読んでスカッとできそうです。

■Amazon.co.jp
『本丸 目付部屋 権威に媚びぬ十人』(藤木桂・二見時代小説文庫)