蟋蟀小三郎、再登場

佐藤雅美(さとうまさよし)さんの最新文庫『疑惑 半次捕物控』を読み始める。岡っ引きの材木町の半次が活躍する捕物小説。シリーズ前作『命みょうが』で登場した、元越前丸岡藩藩士(有馬家)の蟋蟀小三郎(こおろぎこさぶろう)こと、国見小三郎が再び登場するのが見どころ。

蟋蟀小三郎は、藩の世継ぎ争いがもとで藩を放逐され、藩の重役を恫喝したり、喧嘩で牢獄につながれたり、茶坊主を恐喝したりと横紙破りで、儲け話には目がなく喧嘩や人殺しも辞さずで、半次を悩ますトラブルメーカーである。その反面、半次の女房の志摩や娘のお美代には受けがいいという男性にとっては厄介なキャラクター。

彼の存在が物語を引っかきまわして、おかしみや奥行きを与えている。佐藤さんの捕物シリーズというと、舘ひろし主演でドラマ化もされた「居眠り紋蔵」シリーズが有名だが、カッコいいばかりでない人間臭いヒーローが描かれることが多い。本シリーズの半次も抜けたところもあるが、なかなかいい味を出しているので、小三郎との対決シーンとともに半次の活躍ぶりにも注目したい。

疑惑 半次捕物控 (講談社文庫)

疑惑 半次捕物控 (講談社文庫)

命みょうが 半次捕物控 (講談社文庫)

命みょうが 半次捕物控 (講談社文庫)

物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)

物書同心居眠り紋蔵 (講談社文庫)