慶次郎縁側日記と根岸

先週金曜日よりNHK金曜時代劇で「慶次郎縁側日記2」の放送(連続10回)が始まったが、またしても初回を見逃してしまう。高橋英樹さんが主演のシリーズだが、脇を固める遠藤憲一さん(手先の辰吉役)、石橋蓮司さん(寮の飯炊き・佐七役)の演技がとくに気に入っている。北原亞以子さんの原作を、今回はどのようにドラマ化するか期待したい。

NHK金曜時代劇 慶次郎縁側日記2

エラー - NHK

ドラマ放映とタイミングを合わせるように、「慶次郎縁側日記」の第六作『隅田川』が文庫化された。元同心で根岸の寮(別荘)の寮番を務める森口慶次郎がどんな活躍ぶりを見せるか、江戸の人情あふれる北原ワールドを、秋の夜長にじっくりと味わいたい。

根岸は、江戸時代、文人墨客の住まいがあり、富裕な商人の隠居所や寮があった、閑静で風雅な地であったという。学生時代に一時期住んだことがあるが、その当時は最寄の鶯谷駅前はホテル街で雑然としていた。車も入れないような細い路地の奥に入ると、古い二階建ての長屋づくりの家があったり、職人さんが家で仕事をしていたりしていた。下町情緒も少しは残っていたが、今はどうなっているだろうか。

隅田川―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)

隅田川―慶次郎縁側日記 (新潮文庫)