単行本★2021年6月の新刊

単行本★時代小説新刊情報|2021年6月の新刊(1日→末日)

2021年6月1日から6月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

米澤穂信さんの『黒牢城』
天正六年の冬。織田信長に叛旗を翻して有岡城に立て籠った荒木村重は、城内で起きる難事件に翻弄されます。村重は、土牢に囚われた黒田官兵衛に謎を解くよう求めました。戦国×ミステリ。

夢枕獏さんの『JAGAE 織田信長伝奇行』
河童、妖刀、大蛇、バテレンと法華、信玄の首……。UMA(未確認動物)の探索者であり、合理主義者だった信長に対するのは、あやかしの人、飛び加藤。戦国伝奇巨編。

あさのあつこさんの『星に祈る――おいち不思議がたり』
父のような医者になりたいと願うおいちに、絶好の機会が訪れます。女の医者を育てるための医塾が開かれることに。そんななか、深川で立て続けに、謎の行方不明事件が起きます。おいちの人生に急展開が……。待望の第5弾。

川越宗一さんの『海神の子』
海賊”鄭家”の頭をつとめる母の迎えによって、平戸から大明国へ渡った福松。
明の復興を目指す海賊福松は、その功による名誉ある姓名を与えられますが……。
「国性爺合戦」のモデルとなった英雄・鄭成功を描いた長編小説。

西條奈加さんの『婿どの相逢席』
小さな楊枝屋の四男坊・鈴之助は、相思相愛のお千瀬の生家、大店の仕出屋『逢見屋』に婿入りします。ところが、誰もが羨む若主人のはずが……。ハートウォーミングな市井人情小説。

★2021/06/13追記
平野純さんの『一休破戒帖 女賊始末』
一休は、十七年ぶりに命の恩人・お冴と再会をしました。しかし、盗賊の女首領になっていたお冴は何者によって襲われ、行方が分からなくなってしまいました。著者初の時代小説はハードボイルド。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい

●6月1日発売 捕物出版
『若さま侍捕物手帖第二十九巻 しぐれの伝八』城昌幸『若さま侍捕物手帖第二十九巻 しぐれの伝八』
●6月2日発売 KADOKAWA
『黒牢城』米澤穂信『黒牢城』
●6月4日発売 エムディエヌコーポレーション・MdN新書
『将軍の日本史』
→記事:鎌倉→室町→江戸。武士の歴史七百年が「将軍」で早わかり
榎本秋『将軍の日本史』
●6月4日発売 幻冬舎
『源氏物語 人間観察読本』田中宗孝、田中睦子『源氏物語 人間観察読本』
●6月4日発売 集英社
『宗棍』今野敏『宗棍』
●6月5日発売 PHP研究所
『歴史街道2021年7月号』『歴史街道2021年7月号』
●6月5日発売 ABCアーク
『歴史人 2021年7月号』『歴史人 2021年7月号』
●6月5日発売 秀和システム
『文豪たちの断謝離 断り、謝り、離れる』豊岡昭彦、高見澤秀編『文豪たちの断謝離 断り、謝り、離れる』
●6月7日発売 集英社インターナショナル・インターナショナル新書
『明治の説得王・末松謙澄 言葉で日露戦争を勝利に導いた男』山口謠司『明治の説得王・末松謙澄 言葉で日露戦争を勝利に導いた男』
●6月10日発売 芸術新聞社
『一休破戒帖 女賊始末』
→記事:呑んだくれ一休が、消えた女盗賊の行方を追うハードボイルド
平野純『一休破戒帖 女賊始末』
●6月10日発売 祥伝社
『JAGAE 織田信長伝奇行』夢枕獏『JAGAE 織田信長伝奇行』
●6月10日発売 筑摩書房・ちくま新書
『古代史講義【氏族篇】』佐藤信編『古代史講義【氏族篇】』
『埴輪は語る』若狭徹『埴輪は語る』
『廃仏毀釈: 寺院・仏像破壊の真実』畑中章宏『廃仏毀釈: 寺院・仏像破壊の真実』
●6月10日発売 朝日新聞出版・朝日選書
『ようこそ地獄、奇妙な地獄』星瑞穂『ようこそ地獄、奇妙な地獄』
●6月10日発売 文学通信・日本史史料研究会ブックス
『戦国時代と一向一揆』竹間芳明『戦国時代と一向一揆』
●6月10日発売 文藝春秋
『400年前なのに最先端! 江戸式マーケ』川上徹也『400年前なのに最先端! 江戸式マーケ』
●6月10日発売 宝島社・宝島社新書
『鉄道歴史散歩 東京・関東編』竹内正浩『鉄道歴史散歩 東京・関東編』
●6月12日発売 PHP研究所
『星に祈る――おいち不思議がたり』あさのあつこ『星に祈る――おいち不思議がたり』
●6月15日発売 光文社・光文社新書
『夢中になる東大世界史 15の良問に学ぶ世界の成り立ち』福村国春『夢中になる東大世界史 15の良問に学ぶ世界の成り立ち』
●6月16日発売 講談社・講談社現代新書
『下剋上』黒田基樹
●6月16日発売 双葉社
『鬼人幻燈抄 明治編 君を想う』中西モトオ『鬼人幻燈抄 明治編 君を想う』
●6月16日発売 鳥影社
『太郎と弥九郎』飯沼青山『太郎と弥九郎』
●6月16日発売 天夢人
『新装版 定本 実録 大江戸奇怪草子 忘れられた神々』花房孝典『新装版 定本 実録 大江戸奇怪草子 忘れられた神々』
●6月17日発売 新潮社
『室町は今日もハードボイルド: 日本中世のアナーキーな世界』清水克行『室町は今日もハードボイルド: 日本中世のアナーキーな世界』
●6月18日発売 朝日新聞出版
『「論語と算盤」渋沢栄一と二松学舎 山田方谷・三島中洲から渋沢栄一への陽明学の流れ』学校法人二松学舎編
●6月21日発売 河出書房新社
『世阿弥最後の花』藤沢周『世阿弥最後の花』
●6月21日発売 中央公論新社
『中国史SF短篇集-移動迷宮』大恵和実編・訳
●6月21日発売 中央公論新社・中公新書
『藤原仲麻呂-古代王権を動かした異能の政治家』仁藤敦史
●6月22日発売 河出書房新社・KAWADE夢新書
『ヤマト政権と朝鮮半島 謎の古代外交史』武光誠
●6月22日発売 岩波書店・岩波新書
『東南アジア史10講』古田元夫
『源氏物語を読む』高木和子
●6月22日発売 光文社
『木乃伊の都』金澤マリコ
●6月22日発売 祥伝社
『小説NON 2021年 07 月号』
●6月23日発売 文藝春秋
『海神の子』
→記事:「2021年6月の新刊(単行本)」をアップ
川越宗一『海神の子』
●6月24日発売 中央公論新社
『歴史と人物5 アップデート日本史(仮) (ムック)』中央公論新社編
●6月25日発売 講談社
『新風記 日本創生録』吉川永青
●6月25日発売 集英社
『よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる』佐藤賢一『よくわかる一神教 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教から世界史をみる』
●6月25日発売 星海社・星海社新書
『信長に学ぶ経営分析 利益率・資本・生産性』西澤健次
『北条義時 鎌倉幕府を乗っ取った武将の真実』濱田浩一郎
●6月30日発売 幻冬舎
『婿どの相逢席』西條奈加

↑ (単行本)新刊情報Topへ← (単行本)2021年5月の新刊

文庫●2021年6月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2021年6月上旬の新刊(1日→10日) 2021年6月1日から6月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています...