シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

「2023年4月上旬の新刊(文庫)」をアップ

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

『まむし三代記』|木下昌輝|朝日文庫

まむし三代記2023年4月1日から4月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2023年4月上旬の新刊(文庫)」を掲載しました

今月の注目の一冊は、朝日文庫から刊行される、木下昌輝(きのしたまさき)さんの長編歴史小説『まむし三代記』です。

著者は本作品で、2020年、第9回日本歴史時代作家協会賞作品賞と第26回中山義秀文学賞をW受賞しました。

法蓮房は国盗りの大望を秘めて美濃を目指し、土岐家内でのし上がる。
野望を受け継いだ2代はついに美濃国を奪取し、斎藤道三を名乗る。
親子2代にわたる国盗りの大いなる武器「国滅ぼし」とは? その真実に行き着いた3代目の義龍の決断とは――
従来の戦国史を根底から覆す瞠目の長篇時代小説

弘治二年(一五五六)、四月二十日―― 国さえもたやすく滅ぼしてしまうものが、大量に発見された。美濃の地においてである。 奇しくも、この日、ひとりの男が討たれた。
まむしと恐れられた斎藤道三である。 国を滅しかねないものを集め、秘蔵した張本人だ。より正確を期すなら、道三とその父親である。
道三の父親は美濃へわたり、異例の出世をとげる。無論のこと、その影には国を滅ぼしかねない凶器の存在があった。道三と法蓮房の親子二代の国盗りに、この凶器が暗躍する。いつしか、道三と法蓮房らは凶器のことをこう呼ぶようになった。 国滅ぼし――と。

(『まむし三代記』(朝日文庫)Amazonの内容紹介より)

斎藤道三を描いた歴史時代小説には、古くは司馬遼太郎さんの『国盗り物語』が、近年でも宮本昌孝さんの『ふたり道三』がありあり、いずれも物語性豊かな作品となっています。

それらは、稀代の物語作家が手掛けただけでなく、道三の前半生に謎が多かったことにもよります。

さて、本書では、現代を代表するストーリーテラーの一人である著者が新たな視点から道三に迫まり、「国滅ぼし」という国盗りの武器の謎を解き明かしていきます。

波乱に満ちた物語は、先行する2作品に勝ると劣らない面白さで、最後まで読者を惹きつけます。

★単行本『まむし三代記』のレビュー

「国滅ぼし」で国を医した、斎藤道三の三代の国盗り物語
『まむし三代記』|木下昌輝|朝日新聞出版 木下昌輝さんの長編歴史時代小説、『まむし三代記』(朝日新聞出版)を紹介します。 2020年、著者は本書で第二十六回中山義秀文学賞を受賞しました。 斎藤道三の一族による美濃を統一を描いた戦国時代小説で...
文庫●2023年4月上旬の新刊
時代小説●文庫新刊情報|2023年4月上旬の新刊(1日→10日) 2023年4月1日から4月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。 →...

■Amazon.co.jp
『まむし三代記』(木下昌輝・朝日文庫)
『国盗り物語(一) 』(司馬遼太郎・新潮文庫)
『ふたり道三(上)』(宮本昌孝・祥伝社文庫)

木下昌輝|時代小説ガイド
木下昌輝|きのしたまさき|時代小説・作家 1974年、奈良県生まれ。近畿大学理工学部建築学科卒。 ハウスメーカー勤務後、フリーライターを経て、2012年、「宇喜多の捨て嫁」でオール讀物新人賞受賞。 2014年、同作品で152回直木賞候補、2...