シェア型書店「ほんまる 神保町」に時代小説SHOWの棚ができました

文庫●2023年4月上旬の新刊

アドセンス広告、アフィリエイトを利用しています。
スポンサーリンク

時代小説●文庫新刊情報|2023年4月上旬の新刊(1日→10日)

2023年4月1日から4月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

文芸社文庫
白蔵盈太さんの『桶狭間で死ぬ義元』
冷静沈着で独自の情報収集網を持つ師僧・太原雪斎の意見に耳を傾けながら、義元はいつしか「海道一の弓取り」と称されるまでになりました。しかし、雪斎亡きあと正確な情報を得られず判断が鈍り始めると、いつしか織田への疑念が生まれ、やがて義元は、篠突く雨の桶狭間で運命の時を迎えます。気鋭作家が描く新感覚の今川義元像に注目しています。

文春文庫
門井慶喜さんの『東京、はじまる』
日本銀行本店や東京駅など、近代日本を象徴する建物を設計した、明治を代表する建築家・辰野金吾。
下級武士から身を立てるべく学問に励み、洋行して列強諸国と日本の差に焦り、帰国後は恩師ジョサイア・コンドルさえも蹴落として日銀の建築を横取ってしまいます。『家康、江戸を建てる』の著者が「江戸を壊して東京を建てた」辰野金吾の生涯を描く、長編小説。

天野純希さんの『乱都』
「都には魔物が棲んでいる」――応仁の乱から室町幕府の終焉までの戦国前夜。
裏切りと戦乱の坩堝と化した京に魅入られ、果てなき争いに明け暮れた、畠山義就、大内義興、足利義輝ら7人の男たちの生きざまを描く連作短篇集。

小学館文庫
金子成人さんの『付添い屋・六平太 犬神の巻 髪切り女』
品川で娘が髪を切られる事件が起きてから、ひと月半。巣鴨で4件目となったが、怪我を負わせるわけでもないといいます。いまだに手掛かりを得られない下手人の意図が気になる六平太が、毘沙門の親方・甚五郎に話を振ってみると意外な繋がりが……。
表題作をはじめ、4編を収録したシリーズ第16弾です。

ハヤカワ文庫JA
赤星あかりさんの『居酒屋こまりの恋々帖 愛しのかすてぃら』
こまりの居酒屋を訪れた客は、長崎の黒砂糖を持ち込む。南蛮菓子のかすてぃらを作ってほしいとこまりに頼むが、そこには事情が……。
居酒屋に持ち込まれる難題に、のんべえの女将こまりが挑む、大好評のシリーズ第3弾。

朝日文庫
木下昌輝さんの『まむし三代記』
法蓮房は国盗りの大望を秘めて美濃を目指し、土岐家内でのし上がりました。 野望を受け継いだ2代はついに美濃国を奪取し、斎藤道三を名乗ります。 親子2代にわたる国盗りの大いなる武器「国滅ぼし」とは? その真実に行き着いた3代目の義龍の決断とは―― 従来の戦国史を根底から覆す瞠目の長篇時代小説。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●4月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『猫から学んだ漱石』石井郁男『猫から学んだ漱石』
『捕り物小姓』鶉居小糸『捕り物小姓』
『お坊主小兵衛』速島實『お坊主小兵衛』
●4月5日発売 PHP研究所・PHP文庫
『いっきに読める史記』島崎晋『いっきに読める史記』
『誤解だらけの「関ヶ原合戦」 徳川家康「天下獲り」の真実』渡邊大門『誤解だらけの「関ヶ原合戦」 徳川家康「天下獲り」の真実』
●4月5日発売 河出書房新社・河出文庫
『歴史を変えた気候大変動: 中世ヨーロッパを襲った小氷河期』ブライアン・フェイガン『歴史を変えた気候大変動: 中世ヨーロッパを襲った小氷河期』
●4月5日発売 草思社・草思社文庫
『声に出して読みたい古事記』齋藤孝『声に出して読みたい古事記』
『幕末明治 鬼才列伝』出久根達郎『幕末明治 鬼才列伝』
●4月5日発売 文芸社・文芸社文庫
『桶狭間で死ぬ義元』
→記事:42歳で死ぬ今川義元。桶狭間の雨に散った名君の生涯とは
白蔵盈太『桶狭間で死ぬ義元』
●4月5日発売 文藝春秋・文春文庫
『東京、はじまる』門井慶喜『東京、はじまる』
『乱都』天野純希『乱都』
●4月6日発売 ポプラ社・ポプラ文庫ピュアフル
『帝都はいから婚物語: 女学生は華族の御曹司に求愛されています』来栖千依『帝都はいから婚物語: 女学生は華族の御曹司に求愛されています』
『覇王の後宮 天命の花嫁と百年の寵愛』はるおかりの『覇王の後宮 天命の花嫁と百年の寵愛』
●4月6日発売 小学館・小学館文庫
『付添い屋・六平太 犬神の巻 髪切り女』金子成人『付添い屋・六平太 犬神の巻 髪切り女』
『隠密夫婦 八丁堀強妻物語〈三〉』岡本さとる『隠密夫婦 八丁堀強妻物語〈三〉』
『王と后 (三) それは誰が罪』深山くのえ『王と后 (三) それは誰が罪』
『後宮の巫女は妃にならない』貴嶋啓『後宮の巫女は妃にならない』
『春風同心十手日記〈五〉 深い執念』佐々木裕一『春風同心十手日記〈五〉 深い執念』
●4月7日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『江戸城仰天 大奥同心・村雨広の純心 新装版』風野真知雄『江戸城仰天 大奥同心・村雨広の純心 新装版』
『後宮の炎王 弐』蒼山螢『後宮の炎王 弐』
●4月7日発売 早川書房・ハヤカワ文庫JA
『居酒屋こまりの恋々帖【れんれんちょう】愛しのかすてぃら』
→記事:酒好きでお節介な女将こまりの居酒屋は、人情と騒動が花盛り
赤星あかり『居酒屋こまりの恋々帖【れんれんちょう】愛しのかすてぃら』
●4月10日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『徳川家康の大坂城包囲網 関ヶ原合戦から大坂の陣までの十五年』安部龍太郎『徳川家康の大坂城包囲網 関ヶ原合戦から大坂の陣までの十五年』
『まむし三代記』
→記事:「2023年4月上旬の新刊(文庫)」をアップ
木下昌輝『まむし三代記』

↑ 新刊情報Topへ← 2023年3月の新刊 下(21日→月末)2023年4月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2023年4月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2023年4月の新刊(1日→末日) 2023年4月1日から4月末日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンク...