スポンサーリンク

『文蔵2022.6』特集は平安時代の小説が刺激的

『文蔵2022.6』|PHP文芸文庫

『文蔵2022.6』『文蔵2022.6』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、雅な後宮、武士の台頭、怨霊…… 平安時代の小説が刺激的 です。

2024年の大河ドラマが紫式部を主人公にした、「光る君へ」に決まり、注目を集める平安時代。『文蔵2022.6』の特集は、優雅なだけでない、平安の世の裏側を描いた小説を取り上げます。

インタビューは、『平安あや解き草紙』でブレイクし、『後宮の薬師(二) 平安なぞとき診療日記』が6月10日発売となる、作家の小田菜摘さん。
『後宮の薬師』は、胡人の父から医術を学んだ安瑞蓮(あんずいれん)が医学の知識を駆使して後宮で起こる事件を解決する、平安お仕事小説です。

また、文芸評論家の細谷正充さんが宮廷文化の裏側の人間模様を描いた、平安小説の名作の数々を一挙ガイドします。

文蔵

■Amazon.co.jp
『文蔵2022.6』(PHP文芸文庫)
『後宮の薬師 平安なぞとき診療日記』(小田菜摘・PHP文芸文庫)
『後宮の薬師(二) 平安なぞとき診療日記』(小田菜摘・PHP文芸文庫)
『平安あや解き草紙 その姫、後宮にて天職を知る』(小田菜摘・集英社オレンジ文庫)

「文蔵」編集部|バックナンバーガイド
「文蔵」編集部|ぶんぞうへんしゅうぶ PHP研究所が発行する、文庫版サイズの月刊の文芸誌。 創刊号は2005年10月号。 ■時代小説SHOW 投稿記事 ...