スポンサーリンク

澪たちのその後の奮闘と幸せ、おいしい料理を届ける特別巻

花だより みをつくし料理帖 特別巻高田郁さんの文庫書き下ろし時代小説、『花だより みをつくし料理帖 特別巻』(ハルキ文庫)を入手しました。

澪が大坂に戻ったのち、文政五年(一八二二年)春から翌年初午にかけての物語。店主・種市とつる家の面々を廻る、表題作「花だより」。澪のかつての想いびと、御膳奉行の小野寺数馬と一風変わった妻・乙緒との暮らしを綴った「涼風あり」。あさひ太夫の名を捨て、生家の再建を果たしてのちの野江を描いた「秋燕」。澪と源斉夫婦が危機を乗り越えて絆を深めていく「月の船を漕ぐ」。

シリーズ完結編『天の梯』から四年の月日が過ぎた、澪たちのその後の奮闘と幸せを届ける特別巻。おいしい料理も登場して、読むとハッピーな気分に浸れる、まさに作者からの「花だより」です。

すぐに読んでしまうのがもったいないので、毎晩寝る前に一話ずつ味わいたいと思います。

■Amazon.co.jp
『花だより みをつくし料理帖 特別巻』(高田郁・ハルキ文庫)