「2018年11月の新刊 上」をアップ

2018年11月1日から11月30日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年11月の新刊 上」を掲載しました。 今回は、PHP文芸文庫から刊行する、諸田玲子さんの『帰蝶(きちょう)』に注目しています。 夫・信長が、神をも畏れぬ所業に手を染め …

プリント・オン・デマンドで捕物小説の名作を掘り起こす、捕物出版

絶版になって紙の本で読むことが難しくなっている捕物小説の名作や傑作を、「プリント・オン・デマンド(POD)」方式で発行する、時代小説専門の出版社・捕物出版が設立されました。 「あのう、つかぬことを伺いますが、捕物小説の本を出すとしたら、どの程度出るもんなんでし …

『江戸は浅草』

風変わりな長屋の住人たちが繰り広げる、小粋な新感覚人情活劇 講談社文庫より刊行された、知野みさき(ちのみさき)さんの文庫書き下ろし時代小説、『江戸は浅草』を紹介します。 雷門で掏摸に遭い路頭に迷っていた真一郎は、六軒長屋の大家・久兵衛に用心棒兼遣い走りとして拾 …

青森を舞台にした著作で活躍。直木賞作家長部日出雄さん死去

直木賞作家で故郷の青森を舞台にし著作で活躍された作家の長部日出雄(おさべひでお)さんが、10月18日に虚血性心不全のため死去されました。84歳でした。 長部さんは1934年生まれで、青森県弘前市出身。早稲田大学文学部哲学科を中退、『週刊読売』記者、編集者、映画 …

『大和維新』

奈良県独立を目指して、明治政府と闘った男の秘話 新潮社より刊行された、植松三十里(うえまつみどり)さんの長編近代小説、『大和維新(やまといしん)』を紹介します。 「勤、大和の誇り忘れるべからず」 師は十三歳の今村勤三にそう書き遺し、天誅組と共に散った。やがて明 …