2018-10

スポンサーリンク
戦国

秀吉の正室、寧々の視点を交えて描く、壮大な豊臣興亡記

岡田秀文さんの長編戦国時代小説、『関ヶ原』(双葉文庫)を入手しました。 歴史時代小説の名手による、『賤ヶ嶽』に続く、豊臣興亡記の第2弾。 天下の覇者・豊臣秀吉が死去したことにより起きた豊臣家の内紛。秀吉の恩に報いるべしと立ちあが...
2019.10.14
新刊情報

「2018年10月の新刊 下」をアップ

2018年10月21日から10月31日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リスト「2018年10月の新刊 下」を掲載しました。 今回は、創元推理文庫から刊行される、戸田義長(とだよしなが)さんの『恋牡丹』を楽しみにしています。 ...
2019.10.14
幕末維新

落日の桑名藩を捨てるか、殉じるか。幕末に翻弄される兄弟

梶よう子さんによる長編時代小説、『連鶴(れんづる)』(祥伝社文庫)を入手しました。 一枚の紙から折る繋がったままの千羽鶴〈連鶴〉。桑名藩に伝わるそれは家族の深い絆を意味していた。大政奉還に始まる動乱期を、親藩桑名藩士として生き抜く速見...
2019.10.15
時代小説

『文蔵 2018.11』の特集は、初めて読む時代小説

『文蔵 2018.11』(「文蔵」編集部編集・PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、人情、謎解きから剣豪、料理、コメディまで 初めて読む時代小説 です。 世代を超えて楽しめるエンターテインメント、時代小説。とくにビギナーにおすすめの...
武家

釣りが得意な浪人鮎貝伝八郎に夢のような仕官話

長辻象平(ながつじしょうへい)さんによる文庫書き下ろし時代小説、『御納屋侍 伝八郎奮迅録 あめんぼう』(双葉文庫)を入手しました。 本書の主人公、鮎貝伝八郎は、浪々の身で貧乏暮らし、近隣の川で釣り得た魚を長屋の者どもに与えて、日々の食事を...