スポンサーリンク

『文蔵 2016.3』の特集は、「長屋小説」で人情を味わう

『文蔵 2016.3』『文蔵 2016.3』(PHP研究所・PHP文芸文庫)の特集は、寄り添い合って暮らすからドラマが生まれる 「長屋小説」で人情を味わう

時代小説における長屋では、世話好きのおかみさんや因業な大家、浪人や酒好きな職人、親孝行な子供等々、さまざまな境遇の老若男女がともに暮らしています。ときにぶつかり合いながらも互いに支え合う、人情に満ちた場所、長屋を舞台にした小説を特集します。

インタビューに登場するのは、人気長屋小説シリーズ『おけら長屋』の著者の畠山健二さん。青木逸美さんによるブックガイド「鬱陶しいけどあったかい 長屋が舞台の小説9」のセレクションも時代小説ファンのハートを捕らえます。

山本一力さんの「献残屋佐吉御用帖」の新シリーズの連載が始まるのも、要チェックです。

■Amazon.co.jp
『文蔵 2016.3』(PHP文芸文庫)
『まいない節 献残屋佐吉御用帖』(単行本)

⇒『文蔵』ホームページ