時代小説『雪古九谷』の作家の高田宏さん、肺がんで死去

雪古九谷言語学者大槻文彦さんの評伝である『言葉の海へ』で大佛次郎賞を受賞し、『雪古九谷』などの時代小説も書かれた、作家の高田宏さんが、肺がんのため11月24日に死去されました。83歳でした。謹んでご冥福をお祈りします。

髙田さんは、京都市出身で石川県加賀市育ちで、雑誌やPR誌の編集者を経て、作家になられました。『雪古九谷』は、江戸初期に、加賀国大聖寺藩でつくられた彩色磁器「古九谷」をモチーフにした長編小説です。昔、読んで感動した時代小説の一つでした。

12月2日の朝刊に訃報が載っていて知りました。

■Amazon.co.jp
『雪古九谷』(学陽書房・人物文庫)

『島焼け』|時代小説SHOW