『真剣』と若き日の上泉伊勢守

新陰流の流祖上泉伊勢守信綱の生涯を描いた、海道龍一朗さんの『真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱』を読んでいる。

松本備前守政信の下で鹿島上古流と天真正伝香取神道流の剣の修行に明け暮れる若き日の信綱(源五郎)が生き生きと描かれていて、一級の青春小説としても面白く読める。鹿島での立切仕合(たちぎりしあい)のシーンが圧巻。壮年時代の塚原新左衛門高幹(卜伝)も登場し、鹿島新当流の「一の太刀」を披露する。

おかげで、久々に本格的な剣豪小説が堪能できて、濃密な読書タイムを送ることができる。

真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱 (新潮文庫)

真剣―新陰流を創った男、上泉伊勢守信綱 (新潮文庫)