文庫●2020年8月上旬の新刊

時代小説●文庫新刊情報|2020年8月上旬の新刊(1日→10日)

2020年8月1日から8月10日の間に、文庫で刊行される時代小説の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページにリンクを張っています。
新刊情報リストを見る

小学館文庫から出る、上田秀人さんの『勘定侍 柳生真剣勝負〈二〉 始動』が楽しみです。

大坂一と言われる唐物問屋淡海屋七右衛門の孫である一夜は、柳生宗矩の隠し子。宗矩は、剣で鳴らすが算盤に弱い柳生家で、一夜に勘定方を任せようという腹積もりです。

文春文庫も、楽しみな新刊が並びます。

百田尚樹さんの『幻庵 上・中・下』は、文化文政から幕末にかけて当時の碁打ちたちを恐れさせた一代の風雲児「幻庵因碩」(げんなんいんせき)の波瀾の生涯を描いた長編歴史時代小説です。

酒見賢一さんの『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』は、酒見版『三国志』の完結編です。「出師の表」を劉禅に報じ、魏を倒すため北伐を決意します。

伊東潤さんの『悪左府の女』は、保元の乱へと転がる時代をダイナミックに描く、ピカレスク平安時代小説です。「悪左府(あくさふ)」とは藤原頼長のこと。

実業之日本社文庫の新刊にも大注目です。

青柳碧人さんの『彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪』は、妖怪が起こす事件を算法で解決する、新感覚時代×数学ミステリーです。

中島要さんの『御徒の女』は、波乱の幕末を生きた、下級武士の娘の人生を描いた痛快人情小説です。

双葉文庫からは、7月に続き、2カ月連続刊行となる、千野隆司さんの『おれは一万石(14)-商武の絆』

遂に、松平定信は棄捐令(徳政令)を発令しました。高岡藩にも大きな影響が……。

幻冬舎時代小説文庫、安部龍太郎さんの『家康(二) 三方ヶ原の戦い』が刊行します。

東の巨人・武田信玄に対決を挑む家康。若き家康の葛藤と成長を描いた大河シリーズ第二弾です。

光文社文庫の岩井三四二さんの『家康の遠き道』も気になります。
齢七十に迫りなお精力的に政治に関わり、いくさ場にも出征する、家康の晩年を描く長編小説。

時代小説文庫から、知野みさきさんの『妻紅 神田職人えにし譚(2)』が出ます。

縫箔師の咲をヒロインとする人情時代小説第二巻は、待望の書き下ろしです。

ハヤカワ時代小説文庫から、稲葉博一さんの『悪魔道人 影がゆく2』が出ます。

服部党の忍びが次々と殺されている。正体不明の殺戮者を狩るために、伊賀流柘植派の伝説の使い手、老忍・源三が挑む、忍者冒険小説第2弾。

!おすすめ度
:読みたい/入手したい
:新装版/復刊
:気になる/チェックしたい
:文庫書き下ろし

●8月1日発売 文芸社・文芸社セレクション
『梟の声は聞こえない 北海道開拓使官有物払下げ事件の謎』木曽朗生『梟の声は聞こえない 北海道開拓使官有物払下げ事件の謎』
●8月5日発売 小学館・小学館文庫
『勘定侍 柳生真剣勝負〈二〉 始動』
→記事:算盤は剣より強し。剣術バカ揃いの柳生家で異彩を放つ勘定侍
上田秀人『勘定侍 柳生真剣勝負〈二〉 始動』
『蟲愛づる姫君の純潔』宮野美嘉『蟲愛づる姫君の純潔』
『浄瑠璃長屋春秋記 雪燈』藤原緋沙子『浄瑠璃長屋春秋記 雪燈』
『駆け込み船宿帖 ぬくもり湯やっこ』澤見彰『駆け込み船宿帖 ぬくもり湯やっこ』
●8月5日発売 文藝春秋・文春文庫
『姥捨ノ郷 居眠り磐音(三十五)決定版』佐伯泰英『姥捨ノ郷 居眠り磐音(三十五)決定版』
『紀伊ノ変 居眠り磐音(三十六)決定版』佐伯泰英『紀伊ノ変 居眠り磐音(三十六)決定版』
『幻庵 上』
→記事:「2020年8月上旬の新刊(文庫)」をアップ
→記事:江戸囲碁史に名を残す井上幻庵の少年時代と師の鬼因徹を描く
百田尚樹『幻庵 上』
『幻庵 中』百田尚樹『幻庵 中』
『幻庵 下』百田尚樹『幻庵 下』
『偽久蔵 新・秋山久蔵御用控(八)』藤井邦夫『偽久蔵 新・秋山久蔵御用控(八)』
『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』酒見賢一『泣き虫弱虫諸葛孔明 第伍部』
『悪左府の女』
→記事:醜女で琵琶名手の女官栄子に下された、悪左府頼長の密命とは
伊東潤『悪左府の女』
●8月5日発売 実業之日本社・実業之日本社文庫
『彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪』
→記事:妖怪が起こす事件を算法得意の新妻が解決、痛快ミステリ
青柳碧人『彩菊あやかし算法帖 からくり寺の怪』
『雷神 草同心江戸鏡』吉田-亮『雷神 草同心江戸鏡』
『御徒の女』
→記事:疫病も大地震も乗り越え、しなやかに生きる、下級武士の娘
中島要『御徒の女』
『みだら女剣士』睦月影郎『みだら女剣士』
『桃太郎姫 望郷はるか』井川香四郎『桃太郎姫 望郷はるか』
●8月6日発売 双葉社・双葉文庫
『おれは一万石(14)-商武の絆』
→記事:天下の愚策「棄捐令」に苦しむ商人と武士。余波は高岡藩にも
千野隆司『おれは一万石(14)-商武の絆』
『大富豪同心(25)-贋の小判に流れ星』幡大介『大富豪同心(25)-贋の小判に流れ星』
『はぐれ長屋の用心棒(49)遠い面影』鳥羽亮『はぐれ長屋の用心棒(49)遠い面影』
『盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ(2)』小早川真寛『盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ(2)』
『照れ降れ長屋風聞帖〈八〉-濁り鮒 〈新装版〉』坂岡真『照れ降れ長屋風聞帖〈八〉-濁り鮒 〈新装版〉』
『神田まないたお勝手帖(4)-八重ちらし』槇あおい『神田まないたお勝手帖(4)-八重ちらし』
●8月6日発売 幻冬舎・幻冬舎時代小説文庫
『居酒屋お夏 春夏秋冬 山くじら』岡本さとる『居酒屋お夏 春夏秋冬 山くじら』
『家康(二) 三方ヶ原の戦い』安部龍太郎『家康(二) 三方ヶ原の戦い』
●8月6日発売 宝島社・宝島社文庫
『平安・陰陽うた恋ひ小町 言霊の陰陽師』遠藤遼『平安・陰陽うた恋ひ小町 言霊の陰陽師』
●8月6日発売 ポプラ社・ポプラ文庫
『臆病同心もののけ退治』田中啓文『臆病同心もののけ退治』
●8月6日発売 河出書房新社・河出文庫
『柳生十兵衛死す 上: 山田風太郎傑作選 室町篇』山田風太郎『柳生十兵衛死す 上: 山田風太郎傑作選 室町篇』
『柳生十兵衛死す 下: 山田風太郎傑作選 室町篇』山田風太郎『柳生十兵衛死す 下: 山田風太郎傑作選 室町篇』
●8月6日発売 光文社・光文社文庫
『暗殺 鬼役(三十)』坂岡真『暗殺 鬼役(三十)』
『勘定吟味役異聞(四) 相克の渦 決定版』上田秀人『勘定吟味役異聞(四) 相克の渦 決定版』
『家康の遠き道』岩井三四二『家康の遠き道』
『春風そよぐ 父子十手捕物日記』鈴木英治『春風そよぐ 父子十手捕物日記』
『研ぎ師人情始末(六) 迷い鳥 決定版』稲葉稔『研ぎ師人情始末(六) 迷い鳥 決定版』
●8月7日発売 角川春樹事務所・時代小説文庫
『妻紅 神田職人えにし譚(2)』
→記事:縫箔師の咲が、一針一針縁を紡ぐ、人情時代小説第2巻
知野みさき『妻紅 神田職人えにし譚(2)』
『親子の絆にあらがって 親子十手捕物帳(5)』小杉健治『親子の絆にあらがって 親子十手捕物帳(5)』
●8月7日発売 朝日新聞出版・朝日文庫
『大江戸魔方陣 徳川三百年を護った風水の謎』加門七海『大江戸魔方陣 徳川三百年を護った風水の謎』
『司馬遼太郎の街道 III 愛した辺境』週刊朝日編集部『司馬遼太郎の街道 III 愛した辺境』
『歴史の中で語られてこなかったこと おんな・子供・老人からの「日本史」』網野善彦、宮田登『歴史の中で語られてこなかったこと おんな・子供・老人からの「日本史」』
『吉原の舞台裏のウラ 遊女たちの私生活は実は〇〇だった?』永井義男『吉原の舞台裏のウラ 遊女たちの私生活は実は〇〇だった?』
●8月7日発売 早川書房・ハヤカワ時代小説文庫
『悪魔道人 影がゆく2』
→記事:服部党の忍びを狙う、正体不明の殺戮者に、伝説の老忍が挑む
稲葉博一『悪魔道人 影がゆく2』
●8月7日発売 徳間書店・徳間文庫
『婿殿開眼九 耀蔵動く』牧秀彦『婿殿開眼九 耀蔵動く』
『潜入、諸国廻り 鬼の首を奪れ』倉阪鬼一郎『潜入、諸国廻り 鬼の首を奪れ』
●8月8日発売 青春出版社・青春文庫
『図説 眠れないほど怖くなる! 日本の妖怪図鑑』志村有弘監修『図説 眠れないほど怖くなる! 日本の妖怪図鑑』

↑ 新刊情報Topへ← 2020年7月の新刊 下(21日→月末)2020年8月の新刊 中(11日→20日) →

単行本★2020年8月の新刊
単行本★時代小説新刊情報|2020年8月の新刊(1日→末) 2020年8月1日から8月31日の間に、単行本(新書含む)で刊行される時代小説、歴史関連書の新刊情報リストです。新刊の各タイトルは、Amazon.co.jpの詳細紹介ページに...