本当に面白かった時代小説のランキング&ガイド『この時代小説がすごい!2022年版』が出ました!
スポンサーリンク

天下の愚策「棄捐令」に苦しむ商人と武士。余波は高岡藩にも

『おれは一万石 商武の絆』

おれは一万石 商武の絆千野隆司(ちのたかし)さんの文庫書き下ろし時代小説、『おれは一万石 商武の絆』(双葉文庫)を入手しました。

本書は、一石でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ギリギリの一万石の大名、下総高岡藩井上家に婿入りをした、美濃今尾藩竹腰家の次男、正紀の奮闘を描く文庫書き下ろし時代小説「おれは一万石」シリーズの最新刊です。

松平定信が発布した棄捐の令に歓喜の声を上げる旗本、御家人だったが、その喜びも長くは続かなかった。大損害を被った札差をはじめ、商人が武士に対する貸し渋りをはじめたのだった。高岡河岸に新たな納屋を建てるべく金を借りた正紀だったが――。好評・書き下ろし時代小説、第14弾!

(本書カバー裏の紹介文より)

老中首座・松平定信の寛政の改革というと、札差に対して、旗本・御家人の借金の債権放棄と債務繰延べにした「棄捐令」が知られています。

定信の治世と重なる時代背景をもつ本シリーズで、いよいよ「棄捐令(きえんれい)」が描かれます。

「定信殿がなす新施策の内容が、明らかになった」
 一同が頭を上げたところで、宗睦が口を開いた。「やはり」といった顔で、すべての者が次の言葉を待った。
「旗本御家人を救済する、棄捐の令であるのは間違いないが、その中身は札差にとって過酷なものとなった。すなわち五年以上前までの貸付金は、新古お区別なくすべて帳消しにする。以降の分は利息をこれまでの三分の一に下げ、永年賦を申し付けるというものである」
「おおっ」
 驚愕の声が上がった。禄米取りの直参は、長い年月にわたって、札差から禄米を担保に借金を続けてきた。それを棒引きにするという触である。

(『おれは一万石 商武の絆』 P.28より)

借金をチャラにする棄捐令に、多額の借金を抱えた旗本・御家人たちが歓喜の声を上げるのは容易に想像ができます。しかし、大損害を受けた札差も黙っておらず、武家への貸し渋りが起こりました。

前作『訣別の旗幟』で描かれたように、尊号事件を契機に定信政権と訣別し、その施策を支持しないと決めた徳川宗睦が率いる尾張徳川家一門。
そして一門に属する高岡藩井上家は、棄捐令によりどのような影響を受けるのか。世子正紀はまたしても金策に奔走することになるのか。物語の行方が気になります。

棄捐令を描いた時代小説では、山本一力さんの『損料屋喜八郎始末控え』もおすすめです。

改革を進める

おれは一万石 商武の絆

千野隆司
双葉社 双葉文庫
2020年8月10日第1刷発行

文庫書き下ろし

カバーデザイン:重原隆
カバーイラストレーション:松山ゆう

●目次
前章
第一章 新施策
第二章 叢の笄
第三章 面通し
第四章 暴れ川
第五章 心掛け

本文283ページ

■Amazon.co.jp
『おれは一万石 商武の絆』(千野隆司・双葉文庫)
『おれは一万石 訣別の旗幟』(千野隆司・双葉文庫)
『損料屋喜八郎始末控え』(山本一力・文春文庫)

千野隆司|時代小説ガイド
千野隆司|ちのたかし|時代小説・作家 1951年、東京生まれ。國學院大學文学部文学科卒、出版社勤務を経て作家デビュー。 1990年、「夜の道行」で第12回小説推理新人賞受賞。 2018年、「おれは一万石」シリーズと「長谷川平蔵人足寄場...